超電導リニアの有料試乗会に応募殺到!倍率〇〇〇倍のプレミアチケットに!

rinia
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


11月14日、私たちの事務所がある山梨県で有料の体験試乗会が行われました。この試乗会で用意された座席数は2400。
しかし、応募は何と118000件!
応募倍率は125倍のプレミアチケットとなったのです。

リニアは山梨県で動いているので、我々山梨県民はリニアの育ての親?となりますから、このチケットも県民枠で多少有利に確保できるのですが、誰もゲットできませんでした。

さて、このチケット、幾らすると思います?


2座席で4320円です。


これが高いか安いかは別として、片道43キロを1往復でこの金額。
リニアが普通に乗れるようになるまであと13年掛かるので、今、新幹線の倍の速度である時速500キロを体験するとなれば、妥当と言えば妥当でしょうか。

ただ、速度が倍ですから乗車時間、つまり体験時間はおよそ半分ですね。
しかも、片道43キロしかないので、500キロは数秒間の体験でしょう。
全国各地から高い交通費を払ってお越しになる方々は、それだけの価値を十分に満たせるということなのですね。

あと15年もすると、リニアは普通に動いている予定です。
東京大阪が1時間7分で移動出来ますから、旅とか風情とか無縁ですね。

これからは何でも時間の勝負になってくるのでしょうか。
営業先の大阪を出て3時間後に東京の会社に戻ると、新入社員は上司から「遅い!」と怒られる時代がやってくるなんて、今の幼稚園児や小学生たちは何だか可哀そうだなと感じる山梨の探偵でした。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。