嘘のクレーム7000回!初公判は前代未聞の展開に…小野谷知子被告の第2回公判に行ってきた

01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

約2000店舗に対して7000回ほどの嘘のクレームを入れ、現金を騙し取ったとして、2015年9月、伊丹市在住の無職・小野谷知子(45)被告が逮捕された事件。

01
小野谷被告

小野谷被告は2年くらい前から逮捕されるまで、飲食店などに「髪の毛が入っていた」などの嘘の電話を繰り返したとされます。

12月16日には神戸地裁伊丹支部にて小野谷被告の初公判が行われましたが、同被告は「わかりません」の一点張り。

検察官が起訴状を読みはじめると、座っていた車イスの背もたれに頭を乗せて天井を向いたため、裁判官が途中で閉廷したといわれています。

12月25日、小野谷被告の2回目の公判が行われるということで、神戸地裁伊丹支部へ行ってきました。

02
神戸地裁伊丹支部

03
テレビ中継者たちが既に周囲を囲んでいました

04
公判を傍聴希望する人たち

05
裁判所駐車場の中継車

傍聴希望者が50名以上はいたと思われるため抽選となりましたが、運よく当選し、小野谷被告の肉声を聞くことができました。

午後4時から開かれた法廷で、小野谷被告は前回の態度とは180度異なり、ビシッと法廷に立ち、裁判官からの質問にも真面目に受け答え。

「ただお金が欲しく、寂しさもあり、何度も(電話を)かけてしまい、大変申し訳ないことをしてしまいました」と容疑を認めていました。

そして、小野谷被告に対して懲役2年6ヵ月の求刑が言い渡され、裁判は無事終了。尚、判決は2016年1月8日に言い渡される予定です。

周囲からすれば、大の大人がやるようなことではないというのが本音でしょう。それに詐欺で得た品物や金よりも、明らかに電話代のほうが高い気が…(笑)

小野谷被告について調べたところ、現在、兵庫県伊丹市南本町5丁目にある、家賃4万3千円のアパートの1階に一人暮らしをしています。

結婚はしておらず、家族はいなかったといわれています。40歳を過ぎ、孤独な生活がこのような事件を引き起こしてしまったのでしょうか?

ガルエージェンシー尼崎北

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー尼崎北(0120-305-505)

2001年開業、探偵歴14年の間ノークレムの確かな実績。話しやすく親身で丁寧なカウンセリングに定評があり、数年来のご依頼者の紹介も多い。素行調査、浮気調査等の車両尾行には自信がある。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。