交通事故を起こしたときに問題になる保険!今日、明日?あなたも陥るかもしれません!

交通事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


全国で年間交通事故で死亡する方は1万人前後と言われます。では、死亡せずに怪我や後遺障害になる人はもっと沢山いますね。(参考:がんで死亡される方年間10万人とも)また、運行車両が無保険車だったり年齢条件が合致していない車が30%も走っています。

今日もまた人身事故発生。

信号待ちの前車両へ追突した直後

誰でも危険リスクはあります。

20141118115703(1)

ぼんやりしていたのか?赤信号で停止していた相手に追突しました。脇見運転の可能生が高いです。

20141118120356(1)

警察の事故処理が始まりました。

20141118120332(1)

救急車到着。やはり怪我はあるようです。

20141118120141(2)

頚椎捻挫(ムチウチショウ)の症状で救急隊が首を固定します。

20141118120237(1)

救急車により搬送される被害者。むち打ち症で人身事故になり、加害者はおそらく免許停止処分・罰金20万~30万円をの可能生が高いです。もしも相手が無保険車で反社会的反勢力者などであったらどうしますか?

自分の保険は相手が100%悪い場合には交渉出来ません。
自分の保険会社に支払いの義務がないので交渉権がありません。
自分で交渉しますか?

そんな時の為にも弁護士費用特約を付けておきましょう。
知らない方は危ない!または人身障害特約等々(良く理解して保険加入も大事ですね)、自分は自分で守る時代でしょう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。