探偵VS探偵!浮気調査で激突 問われる調査力とは

ガル集合
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

その浮気調査の依頼者は、30代の主婦だった。
対象者は、茨城県の某所に単身赴任中の夫で、40代。月に1,2度、依頼者は夫の元を訪れていたが、女性の感というかご主人の衣服についた、女性の髪の毛と、ご主人の様子から浮気を疑い、調査に至った。

調査依頼を受けた我々は、早速調査に着手した。
ご主人である対象者は、仕事柄日中は動けないので、退勤後と土日の調査となった。ご主人の住居は、どこにでもあるアパートの3階の角部屋だった。
apa

 

 

 



(この写真はイメージです)

通勤は車で、某日、
会社の駐車場から退勤するところから調査スタートとなった。

ここで異変が、明らかに対象者の車輛を尾行する、我々以外の車輛があった。対象者は退勤後、自宅アパート近くのスーパーに立ち寄ったその怪しい車輛もそのスーパーへ。その車両には、男性が一名乗車していた。対象者が車輛を降り、スーパーに入ると、その怪しい車輛の男性は、なんと、カメラ(普通のデジカメ)を出し対象者を撮影しているではないか。
ベタ探偵撮影

 

 






撮影を終えると、その車輛はいなくなった。
明らかにおかしい。その後の調査でも、対象者のアパートにもその車輛は現れ、対象者の出入りを撮影していた。一応依頼者に確認してみた。

私、「ひょっとして、他社の探偵にも依頼していますか?」
依頼者、「そんなことありません、お宅だけです。」
心当たりはないそうだ。

1週間の調査が終わり、依頼者への報告となった。
実は、後から分かったことだが、依頼者から相談を受けていた依頼者の母親が、娘の為にと、某探偵社に調査を依頼していたのだ。実はこの対象者、調査期間中毎日女性の部屋に行っていた。退勤後、自分の部屋に帰り、その後、浮気相手の女性の部屋に行き、朝方自分の部屋に帰り、自分の部屋から出勤していた。土日は女性の部屋で過ごすが、夜は自分の部屋にきちんと帰っていた。

しかし、某探偵社の結果は、「ご主人は白」だった。某探偵社の調査期間は概ね当社と一緒だったが、結果が180度違うものだった。実はこの対象者の浮気相手は、隣の部屋の女性だった。しかも、部屋間の行き来はベランダ。通常、隣の部屋とベランダの境目には、壁があるが、防災上の理由で、簡単に壊すか破れるようになっている。そのアパートのベランダは、胸から下は、格子ではなく、壁だったので、境目の壁の下のほうを外せるようにして有り、女性の部屋への行き来をする際、外して密会を重ねていたのだ。

某探偵社の報告では、対象者は帰宅後、一切部屋を出ず、休日も出かけませんでした。という内容だった。確かに、アパートの玄関側しか見ていなかったら、そういう結果だろう。

皆さん、探偵社選びは慎重に行ってください。
同じ期間の、同じ調査でこの違いです。

    ↓当社の報告書↓    ↓某探偵社の報告書↓

DSC_0281

ガルエージェンシー日立

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー日立(0120-783-095)

2000年にガル日立を開設以来、数多くの案件を解決。アメリカ本土、ハワイ、韓国等海外での調査経験も豊富。学生時代はアマチュアレスリングのインカレチャンピオンで体力にも自信あり。調査員全員が本格的にスポーツをしていた猛者揃い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。