都心に現れた電線を歩く謎の珍獣発見!騒音や悪臭、生活被害をもたらす〇〇〇〇〇!

ハクビシン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


先日の深夜、ベランダに出ると電線を歩いている動物が!!
猫や猿にしては大きい。たぬき?ラスカル(あらいぐま)?
ペットで飼っていた動物が脱走したのか?何なんだろう???

調べてみると、

ハクビシン






ハクビシンでした!

 

ハクビシンって何?という方にプチ情報!!
ハクビシンは一見姿が可愛く見えるものの、実は騒音や悪臭といった生活被害をもたらす野生動物なのです。住宅の天井裏に住み着き、深夜に動いて騒音を。
そしてそこで排泄をするので被害は非常に深刻です。

体の大きさ(成獣(大人個体)

  • 全長は約90~110センチメートル(尾は約40~45センチメートル)
  • 体重は約3~4キログラム


体の特徴

  • 体の大部分が灰褐色で、短い四肢は黒色。
  • 額から鼻先まで白い模様があります。台湾名はその名の通り「白鼻芯」。
  • 眼の下や耳の前に白い斑紋があります。
  • 尾の先が白っぽい個体や、鼻が黒っぽい個体もみられます。
  • 肛門の近くに独特の臭いを発する臭腺が発達しています。
  • ハクビシンは、顔さえ入れば、どんな小さな穴(3~4センチメートル)でも通り抜けできます。

ハクビシンの足跡は前足、後足とも指があり、丸みをおびているのが特徴です。

 hakubisinasiato_jpg

 ※2011年〜2013年には23区すべてで607件の目撃情報があったそうです。

 

ちなみに・・・
発見したハクビシンは、電線をつたい新宿方面に去って行きました(^_^;)

 
(おまけ)

都心珍獣?
新宿新都心をバックに神田川上空をコウモがリ飛んでいました!

yjimageコウモリ

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京中野(0120-605-789)

1997年開業。前職は警視庁警察官。テレビ・ラジオのレギュラー、ドラマ制作協力など多数出演、著書に『親子でまなぶ子ども防犯ガイド』など。いじめ問題・悪質化するストーカー調査では知人弁護士・警察とタッグを組み多くの案件を解決する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。