新年の初詣や皇居の一般参賀に行ってきました

IMG_0667
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新年の恒例行事である、神社やお寺への初詣に行って来ました。
これはいわば、毎年のルーティンですね。初詣をしないと新しい年が迎えられないですよね。まずは、弊社の鎮守の神社である赤坂の日枝神社。覚悟はしていましたが、待つこと、並ぶこと1時間弱。

2016/ 1/ 1 15:25

次に行ったのは、商売繁盛で有名な神田明神。こちらも待つこと、並ぶこと40分くらい。正月元旦、二日のことであるから、ある程度は覚悟していましたが、結構大変なことです。

IMG_0667

ここまでは、毎年のルーティンですが、今年は初めて皇居の一般参賀にも行ってきました。こちらも有名な神社などには負けず劣らず、もの凄い人でした。さずがに、神社などのように並べば順番に最前列に行ける訳ではなく、遠くから陛下のお言葉をお聞きしました。

IMG_0648

これらは全て、それを行ったから、その1年が良くなるとか、願いが叶う保証は何もないです。しかし、これだけの人が何十分、時には1時間以上並んでも行っています。気持ちの問題でしょうかね。すがすがしい気持ちにはなります。
また、何でも達成したという事実と、その達成感が大切なのでしょうか。

ところで、東京タワーが昨年大晦日から今年にかけての恒例のカウントダウンやライトアップのイベントを中止したように、もし、テロがどこかの神社や皇居で起こったら大惨事になるのにと思いながら、皇居以外特に何の警備強化もなく、並んでいる人も見る限りは誰も不安そうな顔をしている訳でもなく、会話には周辺からは全く聞こえてこないです。

まあ、テロを恐れている人はこんな人が込み合うようなところには出て来ないですかね。意外と外人、特に中東系の人をこの初詣で見かけたので多少不安になったりもしましたが、逆に言えば、テロの連中もまさかこのようなタイミングはやってこないだろう、やはり日本はターゲットには入っていなのでは?と思ってしまうのは、これは平和ボケなのでしょうか?  かなりの人が携帯でFBやLINE、またはゲームをやっていました。このスマフォの普及も、長く並ぶことの辛さを軽減している一つにはなっていると思いますが、その行為自体、全くの無警戒の状態です。

テロとはこのような心の隙や油断したところに起こるからこそ、テロなのです。
常にそれなりの覚悟はしておかないといけないです。こんなことを考えないと初詣や一般参賀に行かないといけなくなる時代って嫌ですね。せめて、お正月くらいはテロとかの危険は忘れて過ごせるように、毎年平和に新年を迎えたいものですね。

ガルエージェンシー新橋
ガルエージェンシー武蔵小杉

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。