続報・百田尚樹『殉愛』、たかじん直筆?疑惑のメモを専門家が筆跡鑑定

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

百田尚樹氏の『殉愛』(幻冬舎)をめぐる各種の騒動について、先日の記事で扱った。論点の一つとして話題になったのが、やしきたかじん氏のメモとして公開されたものだ。本当に本人が書いたのかという疑問が提起され、憶測が飛び交った。

ネット上では、各種の検証画像が出回った。当該のメモに記されている字は、妻・さくら氏の字に似ているのではないかと指摘する人々もいる。また、たかじん氏の弟子の打越元久氏は、たかじん氏の直筆の文章の画像を相次いでアップロード。これらを比較し、問題のメモの筆跡には疑問があると述べている。

 

01

 

たかじん氏の作詞を担当した及川眠子氏も、この件に言及。「たかじんってあんな字を書いたっけ?」と疑問を呈した。その他、自身は素人であると断った上で、出回っている各種の画像を細かく分析した人物もいる。一方、このような検証に対し、百田氏は「素人が筆跡鑑定で大騒ぎして、アホらしすぎて話にならない」と否定的な意見を表明した。

 

02

 

そこで、当サイトでは問題のメモを筆跡鑑定に出した。鑑定したのは、日本筆跡鑑定協会指定鑑定人である、藤田筆跡解析鑑定所の藤田晃一氏だ。たかじん氏の直筆なのか、本当はさくら氏が書いたものなのか、あるいはさらに別の人物が書いたものなのか。この三つの可能性について、鑑定を依頼した。

たかじん氏の直筆の文章を比較しても、字画形態が全く異なるかのように見えるものがある。これは、本人の精神状態などが影響しているのではないかと、藤田氏は考察。しかし、一見すると異なるかのようなそれらの字の間にも、共通点があることを指摘する。

そのことを確認した上で、さくら氏の直筆メモ、続いて疑惑のメモを検証。「あ」、「な」、「た」、「心」といった字に、たかじん氏の筆跡の特徴が大きく出ているという。これらを詳細に比較し、疑惑のメモはたかじん氏の直筆であるという結論に達した。

 

03

 

04

 

05

 

ただし、筆跡の問題は今回の騒動の一部である。名誉を傷つけられたとの理由で、たかじん氏の長女が、『殉愛』の出版差し止めと損害賠償を幻冬舎に求めている。

 

※本記事に掲載している内容は、藤田氏による筆跡異同診断書の一部を抜粋したもの。たかじん氏の直筆画像については、主に打越氏がアップロードした画像を使用した。

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    こういうのは疑って見たらきりが無いのだろうけど、それでもさくらの字のほうが
    メモに書かれた文字に似ていると思ってしまう

  2. 匿名 より:

    個人の田舎の鑑定士は信用できないため、科捜研の筆跡鑑定に頼んでやり直してほしいです。

  3. 匿名 より:

    幻冬舎と無関係なところが、もっと信頼のおける鑑定師に依頼し、鑑定してもらいたい。

  4. 匿名 より:

    たかじんの字とメモの字を比べるときは似ている部分だけを照らし合わせて
    サクラの字とメモを比べるときは違うところを抜き出しているだけでは?

  5. 匿名 より:

    何故、東京でも大阪でもない無名な小さな事務所に頼んだのでしょう

  6. 匿名 より:

    本間に鑑定ご苦労様です。

  7. 匿名 より:

    で重婚についてはどうなの?
    たかじんに会った翌日にさくらはイタリア人の旦那とデートしてたけどそれはどうなったの?

  8. 匿名 より:

    筆圧は?写真ではわからんでしょ。

  9. 匿名 より:

    なんで鑑定の資料に嫁のメモが無いん? たかじんメモと疑惑メモしか資料にしてないじゃん。
    たかじん、疑惑メモ、嫁のメモ3つ照らしあわさないと

  10. 匿名 より:

    セカンドオピニオンと同じで、複数の鑑定士からの鑑定結果を得た方が、信ぴょう性が増すでしょう。また、なぜこの鑑定士を選んだかの理由も明らかにすべきでしょう。

  11. 匿名 より:

    嘘は必ずバレるから。嘘じゃないなら右往左往しなさんな。イタリア亭主の件があるから疑われるんだよ。一緒に帰国して亭主ホテルに残して老人に会いに行ってたら、そりゃ信じてなんかもらえんわ。イタリアブログの存在、知らんかったの?百田さん。

  12. 匿名 より:

    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1387485783

    筆跡鑑定と鑑定人の証言は、裁判官に同一性をアピールするためのプレゼンテーションに過ぎない。
    鑑定結果を証拠採用するかどうかは裁判官の裁量であり、絶対確実ではない。

    だそうです。似せて書いてるんだから似てる部分があるのは当たり前。筆跡に関してはいたちごっこにしかならないと思う。それよりも遺族や関係者が金や権利を奪われた上に名誉を傷つけられた事実の方がずっと重要。
    さくらの過去が暴かれ多くの人に名誉を傷つけられたことを百田尚樹は怒っているが、自分が遺族や関係者にしたことと何が違うんだろう。しかも有名作家が書籍という媒体でノンフィクションを謳ったのだから規模も影響力も違う。訴えられて当然。

  13. は? より:

    全てがきなくさい

  14. 匿名 より:

    打越さんの奥さんメモ見た瞬間に「たかじんさんの字ちゃうやん」=(たかじんの字ではない)でした。削除されたインターネットラジオより。他人の遺産相続に土足で上がりこんで、一方だけの肩持って、金儲けしようとする嘘八百田。

  15. 匿名 より:

    一部は本物って最初から言われてた罠

  16. 百田向樹 より:

    ホンマに感謝です

  17. 匿名 より:

    「さくら氏の文字とは違うのでたかじんの真筆である」という理屈はおかしい

  18. 福井浩三 より:

    初めから信じてないから、鑑定結果にまで難癖をつけるやつばかり。
    美や人のことを信じれないやつばかりになってしまったのかな?
    さくらさん百田さん頑張って下さい。

  19. 匿名 より:

    あほばっか。
    そんな面倒なメモを偽造するかいな。
    日本もクソやな。

  20. 匿名 より:

    自分にとって都合のいい「匿名」の声は喧伝するのに
    自分にとって都合の悪い「匿名」の声は「クズ」扱いする人間のクズ
    それが八百田尚樹

  21. 間だよ より:

    間の書体が違うのを病気が影響したて
    全く納得できませんが

    裁判で扱われたら裁判官にそれいうの???

    ということで

    所詮、裁判で使うものではないので
    適当な鑑定してますね

  22. 匿名 より:

    藤田さんはプロなの?
    決定的な字を見逃してるんじゃないの?

  23. さくら より:

    離婚歴は1つじゃない!!

  24. 匿名 より:

    たくさんのメモのなか、さくらさんは名前で書いてあるのに、なぜ娘さんは名前で書いてないんですか。
    自分に置き換えて考えても、日記のようなものには娘がなどと書かず、名前で書くとおもうのですが。

  25. 匿名 より:

    ツイッターでみたけれど、たかじんの「で」という字は丸みの中に点があり、疑惑のメモは「て」の右上に点がある。
    気付いた人はすごいと思う。

  26. 匿名 より:

    たかじんの「で」という字は丸みの中に点がある少数派
    疑惑のメモは「て」の右上に点がある。

  27. 匿名 より:

    たかじんの「で」という字は丸みの中に点があり、イタコメモと呼ばれているものは「て」の右上に点がありますね

  28. 匿名 より:

    確かに「で」で明らかに区別がついてしまう(笑)

  29. 匿名 より:

    宝島が「ちゃんとした」鑑定士4人を呼んで「別人の筆跡である」と結論付けましたね。
    『探偵ウォッチ』がメディアではないのは承知していますが
    こんないい加減な情報を垂れ流しているのは問題ではないのでしょうか?
    率直に言って本業の探偵のほうもいい加減なのでは?と疑わざるを得ません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。