北海道新幹線の名前とシンボルマークが決定!出来たら道民の足はどう変わる?

20141122101045(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

北海道新幹線の名前とシンボルマークが決まった。
札幌までの開通はまだまだ時間が掛かりそうだが、新函館北斗駅の開業は16年3月末予定と、もうすぐそこまできている。

新幹線の名前は、東京発の東北新幹線から直通運転されるものが、
従来通りの「はやぶさ」、盛岡→新函館北斗及び新青森→新函館北斗間で運行されるものが「はやて」となるようだ。

車両はH5系。東北新幹線に乗ったことのある人にはお馴染み、緑の車両のE5系の兄弟機(同機で色違い)が走る。

これは東京発の「はやぶさ」E5系

20141122100520(1)

シンボルマークはメタリックな北海道をウォー○マンのベア○ローで切り裂いた感じ(笑)

20141122101045(1)


開業PRのゆるキャラもいるようだ。
ちなみにキャラクター名は「どこでもユキちゃん」だそうです。

20141122101831(1)

北海道は現在、本州からのルートはほぼ空路である。
お盆と正月には料金が跳ね上がり、それでも予約が取れずに毎日キャンセル待ち状態、なら陸路はどうかというと有名な寝台特急「北斗星」と「カシオペア」があるがこれは完全に旅行用。運行日が決まっていて、要予約なので、帰郷や出張で使うようなものではない。

そんなアクセスの悪い北海道にとって、新幹線の開通は大きな影響をもたらすのではないだろうか?素人目にも、航空会社と新幹線との価格競争は避けられない為、どうなるっていくのか楽しみなところ。そうして我が地元が、本州と時間的にも料金的にも、もっと近づいてくれたら私は万々歳だと思っている。

では現在、急な調査が入り、札幌から東京へ戻らなくてはいけなくなった!
しかし、飛行機はキャンセル待ちで乗れる可能性なし…。
そうなってしまった場合のルートをご存知だろうか?

 札幌駅を正午スタートとすると、最初に乗車するのは「特急スーパー北斗」

スーパー北斗

これで函館まで行くのだが、なんと所要時間約3時間30分!
飛行機だったらこの時間だけで都内に到着できてしまうレベル!
でも飛行機に乗れないからしょうがない…。

気を取り直して、函館で乗り換え、次は青函トンネルを抜ける「特急スーパー白鳥」

スーパー白鳥

これも所要時間約2時間…北海道から脱出するのに約5時間かかってしまう。
しかし、新青森に到着すればその後は新幹線で一気に東京へ!
東京までは約3時間なので、如何に陸路での北海道への出入りが不便かわかってもらえたと思う。

乗車時間約8時間40分、所要時間9時間以上…。
満席だとかなりの苦痛を強いられる事となる。
これは私がお盆に実体験した事なのだが、この旅はいくら余裕がある人にもオススメはできない。

要するに北海道新幹線ができると、新青森から先が劇的に早くなる!
現在約5時間の部分が1時間強に変わるんだから凄いの一言!
今まで混雑時の帰郷を諦めていた人も、帰る事が出来るようになれば、北海道の経済も良くなると信じている。
ちなみに新函館北斗~札幌駅の開通予定は2035年である。

まだまだ遠いなぁ!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー渋谷神宮前(0120-246-007)

「ご依頼者様第一」をモットーに経験豊富な相談員が皆様の悩みの解決をお手伝い。弁護士からの信頼も厚く、数多くの依頼を受けている。調査はもちろん、調査後のアフターフォローにも定評がある。 ガル探偵学校東京本校にて後進の育成にも務めている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。