外国人実習生のチラシに非難殺到、「アジアンパートナーズ」の実態が判明!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

外国人実習生の雇用に関する企業向けのチラシに記載されていた内容が物議を醸して、そのチラシを作成した業者に非難の声が続出した。当該の業者からファックスで送られてきたというチラシを撮影した画像がTwitterに出回ったことが、騒動の発端だ。チラシに書かれていた以下の文言が、「まるで奴隷扱いだ」と人々の反感を買った。

 

01

 

「給与は最低賃金が可能」、「実習生は基本仕事を休みません!途中で辞めません!マジメで素直です!残業、休日出勤は喜んで仕事します!」。その後、別の人物がチラシ全体を撮影した画像を公開し、それが各所に拡散された。チラシを作成して配布していたのは、埼玉県朝霞市の業者「アジアンパートナーズ」である。

 

02

 

同社HPの掲載内容やデザインが、同じく外国人実習生関連の事業を行っている「クライソン協同組合」のHPに酷似していることも判明した。しかも、外国人実習の対象職種の一覧や、現地での実習の様子を撮影した画像をはじめ、二つのHPに掲載されている内容の大半が全く同じである。この点に関して、ネット上の一部で憶測が飛び交った。

 

03

 

04

 

当サイトでは、クライソン協同組合に話を聞いた。アジアンパートナーズとの関係を尋ねたところ、同社を経営する男性と面識はあるが、クライソンと業務上は無関係であるとのことだ。クライソンHPの画像等を転載させてほしいと、以前に男性から申し出があったという。真面目そうな人物だったので、使えるものは使ってよいと許可したそうだ。

だが、それ以降、クライソンはアジアンパートナーズのHPを全く確認していなかった。そのため、クライソンHPから何が転載されていたのかということや、転載元の記載の有無は、把握していなかったというのだ。このたびの騒動を知って、「各所に迷惑をかけるのであれば、転載内容は削除してほしい」とアジアンパートナーズに要請したという。

一方、対象職種の一覧等までも転載されていたことは、当サイトから聞くまで知らなかったと、担当者は驚いていた。今回の騒動発覚後、アジアンパートナーズのHPを検索したが見つけられず、詳細を確認できないままだったという。一覧の内容はあくまでもクライソンの実績であり、アジアンパートナーズはそれに関与していないと、担当者は述べた。

各方面への取材を進めた結果、さらに驚くべき事実が判明した。 (次回に続く)

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。