旦那の愛人は私の母親!?衝撃すぎるあり得ない話

悲しい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

依頼者は結婚して2年になる30代の女性。
もともと子供が好きな奥様は愛する旦那との間に早く子供をもうけたいと必死になっていた。しかし、話によると旦那は夜になるとすぐ熟睡してしまうらしく、なかなかそういった時間が作れないということだった。

依頼者「結婚当初は、仕事や毎日の生活リズムが変わって疲れているんだろうな~、と思っていたんです。でも、2年経っても旦那は全く変わりません…。これって、外で浮気をしているのでしょうか」

奥様の不安を解消するためにも、早速調査を開始することに。
そこで私と調査員が見たのは驚くべき光景であった。なんと、依頼者の旦那がかなり年配の女性と手をつなぎ、人目を気にせずいちゃついていたのだ。しかも積極的に旦那が女性にキスをせがんでいて……。


数日後、調査報告書を奥様に見て頂きながら、旦那の行動を説明した。

私「旦那様は〇日の〇時にこちらのデパートで年配の女性と待ち合わせ。ふたりでショッピングを楽しんだ後に、手をつないでラブホテルに入っていきました。相手の女性はこちらです」
依頼者「…………えっと、これは何かの間違いじゃないんですか!?(焦)」
 私 「……えっ!どうかされましたか??」
依頼者「この人……、私のお母さんなんですけど……」

口を開けたままじっと報告書を見つめる奥様。しばらくして目からは涙が溢れて出していた。旦那は年上の女性が好みなのだと思っていたが、まさかそれが奥様の母親で体の関係を持っているとは夢にも思わなかった。


それから数カ月後、彼女が事務所に訪れた。
左手の薬指から指輪が無くなっていることから離婚したのだとすぐに気付いた。

依頼者「あれから旦那と話し合って別れました。旦那は私と出会う前から母と関係を持っていて、いつでも会えるように私を利用して結婚したみたいです。旦那は私ではなく母を取りました。だから私は母と縁を切って海外に移住します。こんなことならもっと早く調査をお願いすれば良かった……」

残念な結果になってしまったが、彼女の新たなスタートを応援したいと思う。

※ この物語は、実際にあった状況をもとに書き下ろしたフィクションです。

ガルエージェンシー特捜班

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。