神奈川県横須賀市の市営住宅で発砲事件!容疑者を取り押さえた警官が撃たれ重傷!

横須賀発砲事件2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

14日の午後2時45分頃、横須賀市久里浜3丁目の市営住宅「八幡ハイム」c棟7階の共用廊下で、通報によって駆け付けた神奈川県警浦賀署湘南ハイランド駐在所の男性巡査部長が廊下にいた男ともみ合いになり奪われた拳銃で撃たれた。巡査部長はそのまま男を取り押さえ、男を現行犯逮捕した。巡査部長は右腕と右足の計3カ所を撃たれ重傷だが命に別条は無いとのこと。

横須賀発砲事件1

逮捕された男は松木貴嗣容疑者(37歳無職)で同市営住宅に母親と2人で暮らしていた。近隣の人の話によると
「(容疑者と母親は)8年ぐらい前に引っ越してきてたと思う。息子さん(容疑者)は大人しそうなイメージしかなかったし、お母さんも普通の人なのでびっくりした」
と動揺を隠せない様子だった。

横須賀発砲事件3

容疑者は14時半頃に「母親が買い物から戻ったら殺される」と自ら警察に通報し、さらに通報の前後にはベランダの仕切板を破り自宅と隣家のベランダで包丁を持って彷徨いていたという。通報を受けて警察官らが駆け付けたところ共用廊下で包丁を持った容疑者が立っており、刃物を捨てるように促すと刃物を捨てたが警察官が容疑者の体に触れると暴れだし、巡査部長の拳銃を奪って4発発砲し3発が巡査部長に当たったがそのまま取り押さえられ殺人未遂の現行犯で逮捕された。

横須賀発砲事件4

横須賀発砲事件5

事件から一夜明けた15日、発射された弾丸が全ては見つかっていないとのことで複数の警察官が敷地内を捜索している様子が見受けられた。

同市営住宅のすぐ近くには小中学校や幼稚園があり、通報時などの様子から何らかの精神疾患があった可能性もある容疑者が、拳銃を持ったまま逃走すればさらなる重大事件に発展する可能性もあった今回の事件を身を持って防いだ警察官に心から敬意を表するとともに怪我の一日も早い回復を願います。

ガルエージェンシー横浜駅前

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー横浜駅前(0120-45-2244)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、神奈川県を始め千葉県・東京都などの広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。