【2014年】夏の最悪体験談(デング熱で閉鎖された代々木公園付近での調査編)

デング熱
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年のニュースで何度も耳にした「デング熱」!

デング熱は、熱帯・亜熱帯で見られるウイルス感染症。
感染後2日〜15日で発症し、高熱や頭痛、腰痛、筋肉痛などの症状が現れます。

現在のところ、ワクチンや治療薬はない模様。
外務省によれば、より重いデング出血熱に発展した場合、死亡率は15%程度になるが、集中治療により、その死亡率は1%以下まで下がるそうです。

命に係わるほど重体になる確率は低そうだけど、誰だって感染したいくない!蚊に刺されたくないのは当然です。
しかし今回の対象者の調査は!なんと!

デング熱に感染したと報道された代々木公園付近!イヤー。

代々木公園

 

 

 

 

 

10時間に及ぶ張り込み開始!
車で張り込み・・・暑いから窓をあけては蚊にさされ・・・
外での張り込み・・・完全防備をしたはずなのに蚊にさされ・・・

合計12か所!!最悪!!
蚊

 

 

 

 

 

張り込みの緊張感とかたや痒くてたまらなく、掻き毟りたい衝動を必死に抑える!虫よけスプレーなんて全くききません><
調査終了後私はきっとデング熱になると思っていましたが…無事でした。

夏の女探偵の必需品は 虫よけ・ムヒ ・日焼け止め・・・まだまだ沢山あるんです(*^_^*)

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉柏(0120-783-852)

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

関連記事