探偵には対応力が必要!? ~トップシークレットの浮気調査

探偵
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

探偵には対応力が必要である。
瞬時の判断とアドリブが要される状況は数多くある。

それはある浮気調査での出来事だった。対象者は著名人、浮気相手である第二対象者も著名人というトップシークレットの案件だった。TとFは対象者の強度の警戒行動に臆することなく尾行を続け、宿泊先のホテルを突き止めた。

探偵T「本日宿泊したいんですが、3022号室は空いていますか」

そこは対象者がチェックインした部屋の出入りを撮影出来る最も良い位置の部屋だった。その一言にフロントは宿泊状況を確認する手を止め、訝しげな表情を浮かべながらもフロントが部屋の空き状況を確認すると、指定した部屋は空いているようだった。

フロント「それでは宿泊される方のお名前をお伺いして宜しいでしょうか?」
探偵F「タカハシタカシです」
フロント「ではご宿泊のタカハシ様にご記入いただけませんでしょうか?」
探偵F「(タカシ・・・どうやって書くんだ・・・)」

普段であれば「タカシ」という漢字がいくらでも浮かんできたはずだった。しかし、その時に限って一文字すら頭に浮かんではこなかった。仕方ない平仮名にしよう、そう思い書き出そうとしたFの耳に聞き慣れた声が届いた。

探偵T「貴乃花が披露宴したホテルってここですよね」

Tの発したその一言でFはペンを止めた。そしてハッとし、再びペンを走らせた。Tがフロントと交わす会話など耳に入らず、全ての記載事項に記入を済ませ ると、安堵し息を吐いた。Fが書き終えたことに気づいたTは決して達筆とは言えない字で埋められた用紙に目を落とした。そこには、「高橋 貴子」と記載されてあった。

ガルエージェンシー特捜班

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班

ガルエージェンシー本部直属の特別捜査班。 事件との対峙を主な任務とし、選ばれた精鋭が集う。 海を超える情報網とその捜査力は圧巻の一言。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。