軽井沢スキーバス事故、羽村のバス会社周辺は今!そしてバス事故多発

イーグル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先週末、全国に衝撃が走った長野県軽井沢町で発生したスキーバス転落事故を受けて、運行していたバス会社イーエスピーのある東京都羽村市の会社所在地周辺は普段ののどかな郊外の景色から一転、多数の報道陣と野次馬が押し掛け大変な事態になった。

週が明けて初雪が大雪となり交通パニックとなった今はどうなっているのか。渦中のバス会社のその後をレポートする。

イーエスピーの周辺道路は一時のような大混雑は緩和されたもののいまだに中継車等が停車しておりパトカーも出動して渋滞を引き起こしている。

   chuukei

chuukei2

中継車が居座っているため片側2車線の道路も1車線しか機能しない事態となっている。中継車2台は非常に長いアンテナを垂直に伸ばしている。

付近のコンビニエンスストア駐車場は都内ナンバー(主に品川ナンバー)の黒塗りハイヤーと個人タクシーが長時間駐車して一般客の利用に支障をきたしている模様。

ハイヤーが待機するコンビニ駐車場

ハイヤーが待機するコンビニ駐車場

 

近くのスーパーマーケット駐車場も、明らかに買い物客ではない撮影機材を積んだ都内ナンバーのワンボックスや黒塗りハイヤー(運転手は運転席に座りっぱなし)が多数停まっている。

ただでさえ雪のせいで駐車スペースが狭くなっているのに都内ナンバーの車両(中に人が乗ったまま)が多くのスペースを使用している。

ただでさえ雪のせいで駐車スペースが狭くなっているのに都内ナンバーの車両(中に人が乗ったまま)が多くのスペースを使用している。

 

また、歩道には置きっぱなしにされた大型の三脚が鎮座している。

歩道に置きっぱなしにされた大型の三脚

歩道に置きっぱなしにされた大型の三脚


すっかりテレビ等で見慣れてしまったこの建物も人影はあるもののしっかりブラインドが閉まっている。

 office

office2

今回の件で渋滞等不便さを強いられている周辺住民や店舗等もある意味被害者かもしれない。

週明けから関東にも大雪が降り、各地で交通事故が多発しているようであるが、滑り止めの準備や、車両点検の実施等個人でもできることは実践し、今一度気を引き締めて事故の無いよう気を付けたいものである。

ガルエージェンシー東京西部

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京西部(0120-78-4143)

M大付属中ラグビー部→少年自衛官→様々な職を経験後会社設立→新宿歌舞伎町の飲食店経営やタイ王国での会社経営等を経て、26歳で探偵に。様々な経験と豊富な世界中のコネクションを生かし、国内はもとより国境を越える依頼も数多くこなす国際派探偵。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。