【身柄拘束】野々村被告がやり直し初公判へ強制出廷!【号泣議員】

nonomura
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、午前10時30分より、号泣会見でお馴染み、野々村竜太郎被告(49)のやり直し初公判が行われている。

被告は城崎温泉などへカラ出張を繰り返し、政務活動費およそ910万円をだまし取った詐欺などの罪で在宅起訴されていた。被告は、昨年11月に予定されていた初公判をドタキャン。再び裁判を欠席する恐れがある為、神戸地方裁判所は25日午前より、被告を強制的に裁判所へ連行することができる「勾引状」を出し、拘置所に身柄を拘束していた。

確実に被告が出てくることもあってか、神戸地裁前には平日にもかかわらず、傍聴券を求める人で行列ができていた。

20160126091909(1)

抽選番号の配布は写真左側で行われているのだが、正面入口、駐車場の方まで人だかりができている。昨年11月の時は600人を超える行列だったらしいが、今回はそれを軽く上回る行列だった。

20160126091805(2)

20160126092029(1)

裁判所を取り囲むように、報道陣もカメラをスタンバイしていた。

かく言う私も、傍聴の抽選券をゲット!

IMG_3654

しかし、用意された80席には当選せず…3つ前の番号の方が当たりと言うかなり残念な結果に終わった。裁判所の中には入れなかった為、現在出ている情報を報道の内容等から精査する。

先ずは被告の様子だが、どうやら頭を丸刈りにして出廷。極度の緊張状態であるようだが、質問には丁寧な言葉づかいで返答している様子。検察側が起訴事実を読み上げた後、被告は前回の欠席を深々と頭を下げて謝罪。ただ、起訴内容については「返還を免れようとしたことは決してございません」と、きっぱり否認したようだ。

今回は会見会場ではなく、法廷だ。
裁判官や検察、弁護士の話はよく聞いて、質問内容には取り乱すことのないよう落ち着いて返答してほしいところである。

スクリーンショット-2014-07-04-16.01.19

とは言っても、皆が期待しているのはあの会見を彷彿させる「号泣弁論」であると思うが…

NP0Tm_Fa

公判は16時30分終了予定。
今後の展開にも要注目の裁判は、まだまだ始まったばかりだ。

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。