消毒をしてはいけない傷の治し方~~消毒液は人間の細胞を破壊する~

怪我2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

怪我をしたら→消毒→乾燥させる為濡らさない→消毒→乾燥
→かさぶたが出来る→剥がす楽しみ→再出血

痕は残るが治ったな。
とこれが私の40年以上信じて疑わなかった怪我の治し方だった。

先日、キャベツの千切りをしていて左の人差し指も千切っちゃいまして。あまりにも止まらない血に軽く貧血を起こし、よーく水で流した後、清潔なガーゼで指を包み止血しながら仕方なく病院に。傷口が深かったため2針縫うことに・・・ひえ~。

処置をしてもらってる間に、お医者さんが話してくれた消毒をしちゃいけない怪我の治し方の事実が上のことです。


要は

怪我をしたら・・・まずは水道水で洗い流す。

出血は・・・清潔な布で圧迫し止血する。

止血出来たら・・・適度に湿度を保ってくれる創傷被覆材(バンドエイド・キズパワーパッド)を5日間付けっぱなしにする。創傷被覆材は普通のバンドエイドに比べると少々お高いですがかなり価値はある。

そんなもの家にないし・・・という場合は水道水で洗い流した後に、色ワセリンを塗り、その上に傷口より大きく切ったラップを貼るだけで同じ効果になる。
こうすることで、かさぶたが出来ず皮膚の突っ張りもなく、かさぶたを剥がしたい衝動にも駆られず再出血もなく、傷口もきれいに早く治る!

湿潤療法といい、体が本来持っている自己治癒力を最大限に生かした治療法。
とまぁ、私がいままでやってきたこととは随分違うことを知りました(汗)
特に嫁入り前の女子は、傷のない身体で嫁げますよう、是非この方法で、傷口を残さないでくださいませね。

ガルエージェンシー埼玉東武

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー埼玉東武(0120-68-3220)

誰にでも起こりうる身近な事件解決のために、主に関東を中心に寝る間も惜しまず調査を続ける女探偵!あなたの幸せは私が取り戻します!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。