「万引きのプロ」と称する少年、窃盗行為を自慢する動画を公開で大炎上!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

福岡県に在住の少年が、万引き行為に及ぶ場面を撮影した動画を実名でTwitterに公開して炎上した。騒動の発端は、2016年1月24日のツイートである。「万引きのプロと呼べ」とツイートして、万引き行為の動画を自慢した。

 

01

 

動画は、NHKの「プロフェッショナル 仕事の流儀」を模したものになっており、「万引きとは勢い」というテロップが動画の最初と最後に表示される。動画には、少年が店内の商品を勝手に開けて食べる場面がある。続いて、「万引きのプロとは?」と問われた少年は、複数の商品を次々に服の中に入れていった。

 

02

 

03

 

同じ日のツイートに、「クビにされた者の恨み」というものもある。このツイートにも動画があった模様だが、本件に関する情報が読者から寄せられた時点で既に閲覧できない状態になっていた。その動画のキャプチャー画像を見ると、冒頭と思われる部分に「セブンへの恨み」というテロップを確認できた。

 

04

 

少年の過去の言動を調べた結果、以前に以下のようにツイートしていたことも判明した。「すき家にゴキブリおる 食欲うせる。コップの中とか入っていきよる笑」。当サイトでは、少年の通学先とされる高校に話を聞いた。本件については把握しており、対応を進めているという。

事実関係を調べている段階であるため、動画に映っている店については、まだ特定できていないそうだ。「恨み」を示唆するツイート及び動画、すき家の件は知らなかったというので、関連情報を提供した。

続いて、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの広報センターに連絡を取った。担当者によると、同社では今回の騒動を全く把握していなかったという。概要と経緯を伝えたところ、担当者はその場で当該のツイートを確認した。これから詳細を調査するとのことである。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。