節分の豆は要注意!3歳までは豆やナッツ類は食べるな危険!最悪の場合は肺の部分切除?

乳幼児
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本日2月3日は節分です。自宅や職場、神社などで豆まきをする方は多いと思います。無病息災を祈る行事としての意味を持つ豆まきですが、乳幼児がいる家庭では注意をしなければいけないことがあるのはご存知でしょうか?

節分

豆やナッツ類は、かまなくてもそのまま気道に入りやすく、乳幼児の窒息事故につながりやすい食品です。小さな破片であっても事故になった情報が医療機関より寄せられています。

消費者庁は節分を前に同庁のサイト内で、このような情報を記載しています。節分には年齢の数だけ豆を食べるという風習がありますが、このような情報を知らずにお子様にも食べさせている家庭もあるのではないでしょうか。

・発熱と咳があり肺炎疑いで入院
・しつこい咳が出て、一時的に唇が紫色になり救急受診
・突然むせ込み、咳と高熱、数日たっても状態が安定せず入院

豆やナッツ類を食べた後、上記のような症状が起こった事例が報告されているようです。ナッツ類の小さな破片が気道に入った場合、放置すると気管支炎や肺炎を起こすことがあり、取り除くには全身麻酔が必要な場合や、状況によっては肺の部分切除をしなければいけないことがあるようです。

節分の豆

消費者庁は3歳頃までは豆やナッツ類は食べさせないようにと注意を呼びかけています。十分に注意をしましょう。

豆まきの後はお父さんやお母さんがお子様の分を余計に食べてあげるのが良いかもしれないですね。

ガルエージェンシー東京上野

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京上野(0120-258-017)

東京都台東区に事務所を構えるガルエージェンシー東京上野。浮気調査や不倫調査、結婚調査など夫婦間や男女間のトラブルを抱える方々の悩みを解決する為、相手に言い逃れをさせない決定的な証拠を集める探偵事務所です。離婚や慰謝料請求をしたい方々からの依頼が多い探偵事務所です。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。