突然起こる事故その時あなたの対応は?探偵目線・交通事故を起こさないために(後編)

事故
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前編では、事故に遭遇してしまったら、のポイント①から③をご紹介しました。

①相手に怪我が無いか
②被害拡大の防止(探偵ならではのチェック)
③警察への連絡

無題

後編

④その場での示談は危険  ***STOP****

事故現場、その場の示談は危険であり苦労の第一歩なのです。解き明かすと……

<ケース1 自分が悪いと思った>

自車が十字路交差点で、一時停止無視で飛び出てしまった。ところ左方から来た相手車と衝突した。【残念】当然自分が悪いと判断し全部弁償しますからなどと軽はずみな言動で一生懸命に謝る。その場の重大意識から逃れようとしてしまう心理が働く方や、人道的に真面目な方が陥るケースが多く見受けられる。しかし教習場で習った道交法などを思い出してください。日常普通に運転していますが実際事故が起きたならばそこは、法律の教習場の中です。

なので相手への弁償は????

保険会社は法律上の損害賠償の観点からすると、左方から来た相手車にも注意義務が発生し過失が出る。すなわち全額保険では支払いでき無い。また、相手に過失が少しでもあれば基本的には相手の修理中の代車も出ません。

このケースでは全部直しますからと約束してしまった。保険で対応できなければ自腹・・全損で200万円なんてことも。対策としてはその場の示談を撤回するようになる、又々謝罪となるでしょう。

<ケース2 自分が悪くて相手と接触し損害を与えた>

相手からは、たいした事故でないし時間もないので警察を呼ばずに5万円支払ってくれればいいよと言われ、それはラッキー、その前日はパチンコも競馬も大当たりで財布が厚い。とその場の示談で済ませ5万円支払う。

ところが、後から仕事に間に合わなかったと相手から金銭100万円の要求がありびっくり。仕事途中の事故でもあり、会社に連絡しなかった状況で相談できず仕方なく泣く泣く100万円を取られたなんて話が実際起きています。【相手は半社会勢力者だったり】

<ケース3 詐欺事故>

無題

駐車してある車からホイールキャップをあらかじめ外しておく。外した車を尾行して家の前で詐欺行為!!あなたの車から外れた部品が転がって来て車に当たり損傷した。たいした事ないから3万円でいいよと言われ支払った。

そこには必ず仕事で急いでいるからなどと説得するケースが多い。実際にあったケースで後々詐欺師は逮捕されましたが、真似は絶対ダメ!

無題

対策は……
やはり警察を呼んで事故証明を取る。保険処理をするならその旨を伝へ誠実に対応していきましょう。事故にはまだ法律から感情問題の沢山の山が有ります。

⑤行政処分⑥民事上の責任は当然ながら、最近欠けているのが
⑦相手への誠意有る謝罪です。

この記事を頭の隅に置いておいて、何か似た事があれば思い出して頂ければ幸いです。本当の示談解決への道はやはりプロに連絡!
浮気調査なども安心の探偵社に早期相談が解決の秘訣でしょう。

ガルエージェンシー東京赤羽

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー川口埼玉(0120-918-681)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。2017年に川口市に移転(ガル川口埼玉)。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。