【イタすぎる!】ベッキー擁護を繰り返す芸能人、なかには探偵社の広告塔をつとめる人も…

デヴィ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大騒動にまで発展してしまったベッキーの不倫問題。
当初、彼女を擁護していた芸能関係者も「センテンススプリング」で有名になった2つめのLINE流出で流石に庇いきれないと覚ったのか次々に脱落。

そんな中、今でも
「今は恋に夢中なんですよね、溺れてるんだと思う」
「大きなお世話だと思うのよ。何も人の恋路を邪魔する必要は全然ないと思います」
と擁護を続けているのはタレントのデヴィ夫人(76)

いつも通り、歯に衣着せぬ発言で面白いと思っている方は多いでしょうが、
実は彼女、

某探偵事務所の広告塔をつとめており役職はスペシャル・アドバイザー

とのこと。

不貞は絶対に許さないのが探偵事務所の立場です。

なのに既婚、しかも新婚の男性と交際している事実を知った上での上記の発言。安からぬであろうギャラを払っている探偵社としてはまさに【ドン引き】なのではないでしょうか。

というか、契約はどうなっているんだろう?と心配にさえなります。中でもブログでも発言されている、私はあなたの味方!こうなった以上、堂々と純愛を貫きなさい!との文言には絶句しました。

様々な人生経験をなされ芸能人生活も長い彼女が何故?
もしかしたら探偵社のスペシャル・アドバイザーであることを忘れてしまったのかもしれませんね。少し残念に思えました。

ガルエージェンシー名古屋駅西

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー名古屋駅西(0120-135-007)

別名『番長』。他の追随を許さない絶対的な調査力と情報網を持つ東海地区屈指の本格派探偵。生来の親分肌と人望の厚さからガル中部ブロック長、ガル探偵学校名古屋校校長、さらには新規代理店の教育係を兼任し、ガルグループの中心メンバーの1人として全国を奔走している。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。