中学校の教師たちが体罰、「殺すぞクソガキ」と恫喝?生徒が暴露して炎上

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

山口県下関市の市立中学校に通う少女が、教諭から体罰を受けて恫喝されているとTwitterで暴露したことで、騒動に発展した。発端になったのは、2016年2月10日のツイートである。日頃から体罰を受けており、制服を破られることさえあるというのだ。「殺すぞや糞餓鬼まで言われます」。

「教育委員会か警察の方にまで届いて欲しいのでRTお願いします これで体罰がなくなり楽しい学校生活ができたらなと思います」と少女は情報の拡散を呼びかけた。このツイートには、少女が教諭らに両手をつかまれている様子を撮影した画像や、破れた制服を撮影した画像があった。

 

01

 

02

 

一方、少女の過去のツイートを見ると、非行に走っているらしいと判明。例えば、昨年11月には警察に呼び出されて指紋を採取されたと告白していた。12月には財布を拾い、1万円を手に入れたとツイートしていた。様々な非行が事実ならば、教諭らを一方的に非難することはできないのではないかという意見が、ネット上に相次いだ。

すると、少女はこれらの意見に反論した。自身にも非があることを認めた上で、だからといって体罰が正当化されるわけではないという。以前に体罰の場面の画像を警察に見せたこともあるが、取り合ってもらえなかったそうだ。そこで、このたびのTwitterでの暴露に至ったのだという。

無免許運転ではないかと疑われた画像については、個人の敷地内での撮影であり、違法性は問われないと釈明した。また、今回の暴露の結果、教諭らと話し合うことになったという。教諭らは自身の正当性を主張し、今後も対応を変えるつもりはないと述べたそうだ。それどころか、学校側が少女を訴えるという発言もあったというのだ。

 

03

 

04

 

05

 

当サイトでは、少女の通学先の中学校に連絡を取った。校長によると、一連のツイートについては把握しているという。一方、少女が各種の非行をTwitterで披露していたことは、無免許運転疑惑の件以外は、当サイトから聞くまで知らなかったそうだ。「体罰」とされる画像は、少女が寝転んだので教諭らが手を引っ張って起こしている場面であり、体罰は一切行っていないと明言した。

少女に「殺すぞ」、「訴える」などと教諭が述べたというのも、事実無根であるという。教育委員会に伝えた上で連携して対応を進めている段階であるため、これ以上の詳細については現時点では話せないとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。