【詐欺対策】怪しい会社を見抜く!?探偵も使うマル秘テクニックとは?

詐欺被害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「オレオレ詐欺」 「振り込め詐欺」 「攻略法詐欺」
これらの様な個人をターゲットにした詐欺被害は年々増加しています。

さらには法人や企業をターゲットにした詐欺も増加傾向にあります。
いわゆる「取り込み詐欺」と呼ばれている詐欺で、商品だけを受け取り
商品代金を支払わない詐欺の事です。

個人事業主や中小・零細企業などが取り込み詐欺の被害を受ける事が多く
何度か少額の取引を支払いも遅れること無く繰り返し、相手を信用させた後
取引や注文の規模を大きくし、商品を受け取った後に代金不払いの状態で
会社を倒産または閉鎖させて逃げるというものです。

詐欺
新規の取引先全てを詳細に調べる事は実質的に難しい事ですが、ホームページや
所在する場所などから、なんとなく「この会社は大丈夫かな?」と感じる取引先があると思います。

その様な時は「商業・法人登記簿謄本(履歴事項全部証明書)」を取り相手の
会社について確認してみましょう。

登記簿謄本は,会社・法人が登記されている登記所(法務局)で取得可能です。
また、現在では登記情報提供サービスというサービスもありますので
会社にいながら、インターネット上で登記情報が取得出来ます。

取り込み詐欺に良く使われる法人は登記だけされていて、実際の企業活動をしていない、いわゆる「休眠会社」を買い取って使われることが多く
その目的としては、業歴を長く見せかけるためです。

その様な怪しい法人は「登記簿謄本」に特徴として現れるのが
「本店移転」「商号変更」頻繁に繰り返しているという部分です。

怪しい法人は「登記簿謄本」の商号、本店の欄を確認しましょう。

登記簿謄本

 

また、目的欄に多種多様な業種が羅列している場合も怪しい法人の特徴として
現れる部分です。

詐欺被害に遭わないためにも、覚えていて損は無いと思います!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー千葉駅前(0120-22-44-70)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、千葉県を初め神奈川県・東京都など広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。