八王子探偵提供!一生使える“生活力”向上術を大公開!!

裏ワザ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加


まな板に付いた魚の臭いが消える?嘘みたいな裏テクを紹介!!

八王子探偵は、仕事として使う探偵技術の向上が、日々の日常での工夫からひらめくものが沢山あることを知っていますので、いつも“生活技術”の向上に関する情報集めをしています。こうして集めた情報の中から、八王子探偵が選んだ生活の中で知ってると得する情報をお伝えできたらと思います。

【生活技術part1】魚を切ってもまな板の臭いが消える裏テク!
時間:20秒
手間レベル:1(5段階で5は面倒1はラク)
お金:¥0

20051205122525

お正月に向けて、魚料理が増えるお宅も多いかと思います。
まな板に付くあの魚の臭いは、洗っても容易には落ちないんですよね。お酢を掛けたり熱湯かけたり、色々やっても納得の効果は得られなかったと思います。

そこで、今からご提供する方法は、あの臭いが20秒の手間で消えるという技術なんです。早速、その方法を。

例えばお酢を掛けると何だか勿体ないですし、熱湯もお湯が勿体ない。
やはりお金を掛けないでやれる方法でないと。
例えばゴミです。
みかんが美味しいこの季節なら簡単に手に入る、みかんの皮を使います。こいつが科学の力を秘めていることが分かりました。

 DSC00201

なぜ臭いが消えるのかは後述するとして、具体的な方法は以下の通りです。

  1. いつも通りに洗ったまな板を、みかんの外皮面で1か所5往復くらい擦る。
  2. 2時間後に臭いを嗅ぐ。

これだけです。
今までの苦労とか嫌な思いが嘘みたいに消えていると思います。探偵なので臭いが消える理由を書かなくてはいけませんね。

魚の臭いはアルカリ性のトリメチルアミンという物質の臭いなのですが、これを酸性のみかんの皮で中和してしまうという原理です。
2時間ほど時間がかかりますが、今までは翌日もしっかり臭っていましたから、このくらいはOKですね。みかんの皮の臭いは揮発性があるので、かんきつ臭は飛んでしまいますのでご安心を。

魚料理を存分に楽しんでください。
八王子の探偵は、小さな笑顔を大切にしています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。