人生初体験!警察署の取調室に行ってきた!

WS000000
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、私の携帯電話に、前居住先である神奈川県某市の警察署から電話が来ました。「何か悪いことしたかな?」と内心ドキドキしながら電話を取ると、「○○さん(私)名義の自転車に乗っている人物を捕まえたので事実確認を行いたい」とのことでした。

え?自転車が盗まれたのは昨年の6月ですよ!?
千葉県へと引っ越す当日に、盗まれている事に気付いたため、盗難届も出さずに諦めていたのですが…そのせいで私に連絡を取るために多大な労力を使わせてしまったようで、大変ご迷惑をおかけしましたm(_ _)m

しかし犯人は約半年間も他人の自転車に乗り続けていたのか……。なんとも図々しい。ということで、実況見分&自転車の回収のために某市まで行ってまいりました。

現場にて写真を撮り、当時の状況を説明した後、警察署に向かうと案内されたのはまさかの取調室!まさかテレビでしか見ることのなかった場所に自分が行くことになるとは。中で話をしながら調書を作成し、諸々の書類に署名、捺印したところで懐かしの自転車とご対面。
DSC_0054

あぁ、こんなにぼろぼろになって…。
まあ、写真では分かりづらいですが、かなり錆が出ていたのとサドルがぼろぼろになっていました。しかも、当時取り付けていた鍵の破壊、壊れた速度計の撤去、防犯登録及び購入店舗のステッカーをはがす等、私が持ち主であった痕跡をすべて取り除く徹底ぶり。

DSC_0052(防犯登録のステッカー痕)

DSC_0053(購入店舗のステッカー痕)

かなり悪質であり、手慣れた様子が覗えます。
どんな理由であれ、他人の物を盗むという卑劣な行為は許されるものではありません。犯人には、盗まれた側の人間がどういう気持ちになるかを考えて、反省をしてもらいたいものです。また、自分の物を盗まれてしまった方も、泣き寝入りすることなく、しっかりと警察に盗難届を出しましょう!自分の物が返ってくるのは嬉しいことですし、その1枚の盗難届が地域の治安向上に一役買う事になるかもしれませんよ。

ガルエージェンシー船橋 調査員B 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社ガルエージェンシー船橋(0120-954-769)

船橋駅から徒歩3分の場所に事務所を構える。代表はガルグループ内の調査リーダーとして日本全国はもちろん海外での調査経験も多数あり。一人でも多くのお客様の笑顔が見られるよう、調査に尽力する。

関連記事

コメント

  1. 高見 より:

    去年だったか一昨年だったか、よく街で見かける自転車に乗った空き缶集めのおじさんが職質を受けていまして、
    おじさんは、ひたすら大声で「これはワシの!」を繰り返してました。
    その時はそのまま通り過ぎたのですが、よく考えてみると、空き缶集めのお金で自転車買ったってのも
    まぁ効率考えたら買う選択肢も有りだけど…って思い、ああそう言うケースも有るのかと妙に納得した覚えがあります。
    学校の帰りに自転車拝借するような連中は防犯登録まで剥がしませんしね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。