探偵も混乱!?懲りない浮気男!いつの日か「反省」する日は来るのだろうか?

浮気男
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻、花子(仮名)から、夫、太郎(仮名)の浮気調査を受件した。
太郎は30代後半で、部品製造の会社を経営する社長だった。調査を開始すると、太郎は松子(仮名)という30代半ばの女性と浮気していた。
02








花子は悩んだが、太郎との間には子供がいなかったので「離婚」という道を選択した。太郎と松子から慰謝料も受け取っての離婚だった。ここまではよくあるパターンである。

それから数年後、竹子(仮名)という30代後半の女性から夫の浮気調査を受件した。竹子が「これが夫です」と見せた写真に写っていたのは「太郎」だった。太郎は花子と離婚後、松子とも別れ、竹子と結婚していたのだ。調査を開始すると、やはり太郎は梅子(仮名)という40代前半の女性と浮気していた。竹子も離婚という選択を選択した。もちろん、太郎と梅子から慰謝料をとって。まったく懲りない男性である。ここで話は終わらない。

それからさらに数年後、甲子(仮名)という女性から夫の浮気調査を受件した。
夫は、もちろん太郎。太郎は竹子との離婚後、梅子とも別れ、甲子と結婚していたのだ。そして今回の太郎の浮気相手は、なんと1番最初の浮気相手「松子」だった!
03








全く訳が分からなくなってきた。
甲子も、離婚の道を選択した。

その後どうなったかはわからないが、いつの日かまた太郎の浮気調査をする日が来るのだろうか?

ガルエージェンシー日立

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー日立(0120-783-095)

2000年にガル日立を開設以来、数多くの案件を解決。アメリカ本土、ハワイ、韓国等海外での調査経験も豊富。学生時代はアマチュアレスリングのインカレチャンピオンで体力にも自信あり。調査員全員が本格的にスポーツをしていた猛者揃い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。