探偵に浮気調査の依頼なんてもう古い?巷に蔓延る素人GPS探偵とは?

たんてい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今のデジタルツールの進化には目を見張るモノがあります。我々探偵業のツールもここ十年で大きく進化しています。例えば移動手段では切符からICカードや電子マネーの登場により、電車移動がカードやモバイルで精算出来るようになったコトは尾行失敗のリスクが大きく減りました。証拠映像の点では、撮影が写真からデジカメ・デジタルビデオになり映像の質・量共に飛躍的に進化しました。もう一つはなんといってもこれ!

モバイルGPSの登場です。

今やスマートフォンを持っている人ならGPS一つで居場所を確定出来てしまうことは周知の事実。浮気者がGPS機能を切るのは常識になっています。一昔前なら浮気調査にデジタルツールに疎いご主人や奥様の目を盗んでアプリやら設定を仕込んで貰い、調査の補助に役立てていた時期もありしたが…

現在では小型化が進み、百円ライター程度の大きさまで登場しています。しかし、通信させて位置情報を把握する必要があるため通信業者(ドコモ・AU等)との契約が必要となり、個人で内密に所持するには少しハードルが高い訳です…。
そこで登場するのがGPSレンタル業者です。
さて、ここまでの話を聞いた大多数の人が思う事といえば「な~んだもう探偵いらないじゃん」となりますよね…
居場所さえ分かればこっちのもんと。
しかし我々探偵からすれば、業務の中でも尾行は一番簡単な仕事。いわばサルでも出来るレベルなのです。実は最も重要でいて難しいのが決定的証拠の瞬間を映像に収める

「撮影」の技術です。

浮気をしているパートナーはいつもホテルがゴールとは限りません。その過程では、食事をしたり映画を観たりショッピングをしたりと、二人の関係性が計り知れる証拠がより多く得られる場面がほとんどです。まずは「自分でやってみたい」という素人特有の無鉄砲さはこの場合は感心できません。何故ならこの場合の失敗は取り返しがつかないからです。
もしレンタルのGPSを入手できたとしましょう。

仕掛けるのは自己責任です。

そして見つかったら、当然の事ながら二度と同じ手口は通用しません。その時はプロに頼めばいいやなどと安易に考えてはいけません。警戒心がある人物の調査は例えプロといえ至難の業なのです。
いかがでしょう。それでもGPSに頼ってみますか??

 

ガルエージェンシー立川

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー立川(0120-786-864)

金融業界に10年間在籍していた知識と経験を活かし、2002年にガル西多摩を開設。開業以来現在までノークレームの確かな実績、多摩地区在住20年の代表の土地勘と幅広いネットワークが強みである。特に浮気・素行・行方調査には絶対の自信をもつ。2015年より支社名称をガルエージェンシー立川とする。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。