進化するドローン!技術の進歩は人々の生活を変えるのか!?

ドローン
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年、首相官邸の屋上で発見されたり、世界遺産・姫路城に衝突したりするなど何かと話題になった無人飛行機「ドローン」。ニュースの内容は悪いものだったので、どちらかといえばあまり印象は良くないかもしれません。

姫路城にドローンが衝突したニュース(ANNより)

姫路城にドローンが衝突したニュース(ANNより)

 

 

 

 

 



しかし、ドローンはその利便性の高さからさまざまな活用方法が検討されています。

2月24日、徳島県の山あいに位置する那賀郡那賀町で日本政府が主体となったドローンによる貨物輸送実験が行われました。その内容は、食料品の宅配依頼を想定してパンやゆで卵などを積んで約400メートルを飛行するというものでした。輸送した食品に損傷はなく、実験は無事成功しました。

今回の実験で使用された機体(ウェブサイト・Lnewsより)

今回の実験で使用された機体(ウェブサイト・Lnewsより)

 

 

 

 

 

 

 

 

実験が行われた那賀町周辺の様子。

実験が行われた那賀町周辺の様子

実験が行われた那賀町周辺の様子

 

 

 

 

 


那賀町は、写真のように山間部にあり、買い物をする商店も多くはありません。加えて住民にはお年寄りが多く、自分で買い物をするのが難しいのが現状です。今回成功した実験のように、ドローンを使用した荷物の配達が普及すれば、地域住民の利便性が高まることは間違いありません。

那賀町の住民に話を聞くと、

「年を取ったし、出かけるのもつらいですから、荷物の配達をしてくれるのは本当に助かります」「今は買い物にはタクシーを使うしかないから、届けてくれるなら出費が減ってとても良いですね」「ぶつかったりする事故がないのなら、ぜひ使ってみたいです」

などと概ね好意的な印象だったようです。

買い物難民と呼ばれるお年寄りは徳島県だけの問題ではないはずです。飛行禁止区域が設定されるなど、徐々にドローンを本格活用する気運は高まっています。

ドローンの飛行禁止エリアのイメージ(国土交通省ホームページより)

ドローンの飛行禁止エリアのイメージ(国土交通省ホームページより)

 

 

 

 

 

 

近い将来、当たり前にドローンがあたりを飛び交う風景が日本全国で見られるようになるかもしれません。

ガルエージェンシー徳島ガルエージェンシー香川

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー徳島(0120-01-9494)

探偵歴25年、徳島県と香川県で展開しており、関西・四国ブロックでは古参であり、副ブロック長を務める。テレビ出演や雑誌での取材協力、密着取材など多数のメディア出演の経歴を持つ。浮気調査・素行調査では調査後のカウンセリングに定評があり、地元の弁護士からの信頼も厚く、多数の依頼を受けている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。