【王国】 あの動物園に新エリアが登場!新たな人気者に接近してきた!【再び】

20160320132628(1)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20160320132628(1)

以前紹介した「神戸どうぶつ王国」に、3月19日より新たなエリアがオープンしたと聞き、再び足を運んだ。

取材した日は新エリアオープン2日目、三連休の中日と絶好の王国日和。

20160320132628(2)

写真が小さくてわかりにくいと思うが、入場列が駐車場の出口に向かってズラリと伸びていた。

入場までにかかった時間は約30分、行列嫌いの私にはなかなかの洗礼だった。

しかしそれは、それだけの人気者がこの王国内に登場したという事の証明でもある。

 

 

入場からの道中は一度すっ飛ばしまして…

注目の新エリア、「アジアの森」は約400平方メートルの空間を高さ約3~4メートルの擬岩で囲い、動物の野性味を感じられるよう木々や滝の造形で本来の生息環境に近づけた造りになっている。

20160320141054(1)

そこに登場したのが、同グループ園の「那須どうぶつ王国」からやってきた、生後8か月のレッサーパンダの3兄弟だ。

20160320140943(1)

看板にも笑顔(?)のレッサーパンダが。

 

 

彼らを見ようとエリア内には園内イチの人だかりができていた。

このエリアに柵やガラスは無く、木々は列をつくる来場者の頭上にまで迫り出し、その上を3頭は悠々と行ったり来たり。

20160320144228(1)

手を伸ばせば届くほど、間近で見ることができた。

20160320141549(1)

これが自由な彼らの姿。

寝姿もとても自由。

落っこちそうで落っこちないのも野生の力なのか…?

20160320141143(1)

寝顔もカワイイ。

 

さらにこの日は14:30より「レッサートーク」というイベントが開催されており、飼育員のお姉さんが彼らを上手に誘導し、生態を説明してくれた。

20160320143940(1)

トーク終了後はエサやり体験ができるのも魅力の一つ。

彼らが満腹になったら終了&ちびっこ優先なので今回はパス。

20160320144849(1)

エサやり時は、大ブームが起こった「風太くん」顔負けの立ち姿が見られることも!

なぜこうして2本足で立てるのか?

それは彼らが人間のように足の裏全体を地面につけて歩くからだそうだ。

20160320145035(1)

なるほど!確かに、猫や犬と違ってかかとまで地面についていた。

 

「アジアの森」には他にも

20160320141357(1)

ビントロング

20160320141453(1)

パプアシワコブサイチョウ

20160320141656(1)

コツメカワウソが公開されている。

 

今はレッサーパンダに目が行きがちだが、神戸どうぶつ王国レギュラーメンバーはちょっと変わった魅力的な動物がいっぱい!

2回目の来場ということで、今回は再会編。

20160320155207(1)

相変わらず愛嬌たっぷり、サービス精神旺盛だったのはジェシー。

20160320155343(1)

なんと!水道の蛇口を器用にひねって給水タイム。こんな特技があったとは…お利口さんだねジェシー!

 

ハシビロコウ先輩にももちろん会ってきた。

20160320140153(1)

さすがの存在感!目力パネェっす!

 

20160320140435(1)

前回の主役も健在。(名前忘れた)

 

20160320135833(1)

タイミングが良ければ野性味たっぷりにエサをかっ喰らう姿も見れるかも!?

一度来れば、きっとお気に入りの動物が見つかること間違いなし!

 

春先の園内は暖かい陽気に包まれて、動物たちはみんな気持ちよさそうにうたた寝モード。

20160320151314(1)

20160320151444(1)

20160320135803(1)

動物たちにとっても、私たちにとっても、心地の良い季節が始まりますね。

ガルエージェンシー神戸三宮

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。