新しいココナッツオイルダイエットをやってみた

belly-2354_960_720
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

先日、妻と娘がダイエットを一緒にしようと誘ってきた。

また新しいダイエットかと思ったら、ココナッツオイルダイエットだという。

これは、知っている。

ココナッツオイルを飲み物や食べ物に入れるだけで、簡単に食事制限を行わずにダイエットできるうえ、便秘解消や美肌効果もあると海外セレブの間で流行しているものだ。

すると娘はそれはもう古いという。

今はココナッツオイルでご飯を炊いて、ご飯のカロリーを半分以下にするのだそうだ。さらにコンニャクやしらたきを入れて炊いたらどこまで低カロリーになるのか!と力説する。

しかも、アメリカの雑誌「TIME」に科学的根拠が掲載されたとか、順天堂大学で研究されたとか、説得してくる。

しかし、ココナッツオイルって甘いんじゃないのか。「甘いごはんかぁ」と少し不安になるが、妻とがっちりタッグを組んでいるのでとても抵抗できるような状態ではない。

 

160303_2227

160303_2227

作り方はこうだ。

お米1合に対してココナッツオイルを小さじ1杯入れて炊くだけだ。出来上がったご飯はいつもよりつやつやしておいしそうだ。さすがココナッツオイルといったところ。

ここで肝心なことは、これをすぐ食べてはいけない。タッパーに入れて、12時間冷蔵庫で冷やすのだ。これにより、でんぷんが消化されにくいでんぷんに変化する。これがカロリー半分のカラクリらしい。

 

さて、タッバーに入れて一晩おいたら、パラパラの御飯になった。炊き立ての時は、ココナッツの甘い匂いがしていたが、冷やすと全く匂いはしない。冷凍ピラフを袋から出した直後のような感じだ。

160226_1146

160226_1146

これをレンジで温めると、完璧に炊き立てのご飯のようになった。ただ、匂いも復活した。食感は炊き立てのご飯とほぼ同じだが、やはり匂いが気になるのと甘みがけっこう強い。

私は、お茶碗一杯を食べきれなかった。娘もだ。そのまま、普通のご飯のように食べるのはムリだ。

カレーや親子丼のように匂いや味をカバーするようなメニューに適しているのではないか。

もし、うまく匂いも味もコントロールできた方がいたら連絡していただけないだろうか。→ガルエージェンシー蒲田

 

さて、うちの冷蔵庫には、一度使っただけのココナッツオイルの瓶が鎮座している。いつか日の目を見る日が来ることを祈るばかりである。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー蒲田(0120-973-892)

東京大田区に生まれる。高卒後は自衛隊に入隊し、情報収集・分析のプロとして勤務してきた。その経験と誠実な人柄により多くの案件を解決する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。