今年の1/4を振り返って いろいろありました

ベッキー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ベッキー

 

今年ももう3か月が過ぎました。
本当に早いものですね。
そこで、この3か月を振り返ってみます。
 今年は何と言っても週刊文春を筆頭に週刊誌の勢いが止まりません。毎週のように、週刊文春、週刊新潮、女性自身など
スクープ合戦が止まりません。
その記事の中でも特に目に付くのはいわゆる不倫問題ですね。
ベッキーを筆頭に、桂文枝さん、宮崎元議員、カールスモーキー石井氏、そして乙武洋匡さん。
少し前の週刊誌は嘘が多く、記事にされた側との間で訴訟問題によくなっていましたが、最近はほんとんが本当のことで、その記事に
された人が逆に謝るケースがほとんどです。
 謝罪をするどころか仕事も無くなったり、職を辞することまでなっています。
日頃、浮気をされた奥さんやご主人からの依頼が多く、いかにその人たちが悩み、苦しんでいるかを知っている探偵としては、不倫の代償はしっかりと払って欲しいとは思いますが、さすがに日本国民全体が一人の人を責めたてる様は少し違和感を覚えますね。
 週刊文春に一人勝ちをさせまいとして他の各週刊誌も頑張るでしょうから、しばらくはこの状態は続くでしょうね。
 

ところで、ここで大切な話があります。
このように不倫が多くなっているように記事になっているので、さぞかし探偵は儲かっているでしょうね?とか聞かれますが、全然違いますよ。
我々は依頼者様があって初めて調査をします。
誰も頼んでいないのに、勝手に人の不倫現場を撮影して、それを公表するようなことはしません。
探偵とその辺の週刊誌やパパラッチとは区別してくださいね。

でも、不倫のない世の中にはなって欲しいものですね。

 

ガルエージェンシー新橋 

ガルエージェンシー武蔵小杉

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー新橋(0120-018-556)

早大を卒業後、新聞社、大手不動産会社での勤務を経験。小さい頃からの夢を実現させるために探偵になる。サラリーマン時代に培われた情報ルートや長年積み重ねた人脈を駆使した、浮気調査、行方調査、信用調査など多岐に渡る調査が可能。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。