探偵が教える!あなたもできる・助けられる乳がん自己検診

a0001_017611
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

事故や病気で死亡する方は年々変化しています。
交通事故の死亡率は減少傾向にあるようですが、
一番多いのはやはり病気(がん)ですね。

完治されているケースも大分増えて喜ばしいことですが、まだまだ要注意!病気(がん)は特に早期発見・早期治療が非常に大事とされていますね。

(浮気も同じですが 早期相談・早期調査・早期対策)
笑いごとではありません!!

今回は女性特有の乳がんについて勉強した事を伝えていきたいと思います。
関与できる男性も多少の知識をもち発見に努めたいものです、いや努めるべきです!奥様や女性を守れるのでは!

保険関連の勉強会でも話題になりました。
同じように伝えたいと思われる女性たちが大勢います。
まずは基本からあたまの隅に入れておきましょう。
(乳がんだけではありませんが何かのお役にも)

 

データーでは… 
(国立がん研究センターがん情報サービスHP 最新がん統計より)

①2001年データーでは20人に一人の確率だったのが

 2011年データーでは12人に1人の確率に増加

②2014年に乳がんで死亡者は、交通事故で死亡した人より多い (男女計)

  厚生労働省 (平成26年人口動態統計[確定数])
  乳がん志望者は、13,323人  交通事故志望者は、5,717人

  などとデーターがあるようです。

気になる年齢は

  25歳から増加傾向にあり45歳で1万人を超える(罹患者数)
  ピーク60歳から65歳1万2千人
  65歳以上から減少傾向にあるが油断は禁物。

罹患者数順位

  1位 乳がん
  2位 大腸がん
  3位肺がん
  4位子宮がん

症状は

  ・しこり  ・乳頭の異常分泌  ・皮膚の異常  ・乳頭の陥没
  ・乳頭のびらん ・かゆみ ・皮膚の陥没 ・盛り上がり ・ひふの発赤
  ・乳腫(ふしゅ)・潰瘍(かいよう)
  ・脇の下のリンパ説の腫大

乳がんの治療方法

  ・手術  乳房温存術 ・ 乳房切除術
  ・薬物  抗がん剤 ・ホルモン治療
  ・放射線 温存した乳房への放射線照射

乳がんの病期と生存率(5年相対生存率)

  一期98.8% 二期93.9% 三期74.8% 四期35%

やはり怖いものです。

乳がんを自分で発見する。

 ①月一度の自己検診(セルフチック)
 ②1年に一度の定期検診 医師による視触診やX線エコーなど

がん予防について

後編に続く!!


ガルエージェンシー東京赤羽

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー東京赤羽(0800-888-1007)

長年に亘り自動車メーカーの保険業務に携わった後、ガル東京赤羽を開設。前職での経験を生かし、探偵調査部門と平行して保険部門で損害保険の代理店も運営する。依頼者と一緒に問題解決しようとする姿勢には定評あり。弁護士からの信頼も厚い。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。