ちゃりんこ探偵の自転車マナー向上委員会!

NKJ56_tokaiwohashirumesse_TP_V1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年6月の道路交通法改正により、自転車の規制が強化されたのは、記憶に新しいことと思います。

当サイトでも過去に何度か自転車に関する記事を取り扱ってきましたが、この改正により規定されたのは以下の14項目です。

1. 信号無視(道路交通法第7条)
2. 通行禁止違反(同第8条第1項)
3.歩行者用道路における車両の義務違反(徐行違反)(同第9条)
4.
通行区分違反(同第17条第1項、第4項又は第6項)
5.
路側帯通行時の歩行者の通行妨害(同第17条の2第2項)
6.
遮断踏切立入り(同第33条2項)
7.
交差点安全進行義務違反等(同第36条)
8.
交差点優先車妨害等(同第37条)
9.
環状交差点安全進行義務違反等(同第37条の2)
10.
指定場所一時不停止等(同第43条)
11.
歩道通行時の通行方法違反(同第63条の4第2項)
12.
制動装置(ブレーキ)不良自転車運転(同第63条の9第1項)
13.
酒酔い運転(同第65条第1項)
14.
安全運転義務違反(同第70条)

しかし、文字だけで見てもよくわからない項目も多いと思います。

そこで今回は3、5、11番の、歩行者との事故につながりやすい項目について解説したいと思います。

まず、それぞれの項目を大雑把に説明すると

 

3.自転車が通行可能な歩道は徐行して走りましょう。(歩行者の邪魔をしない!)

5.路側帯を走るときは、歩行者の通行の邪魔をしてはいけません。

11.歩道を走行するときは車道寄りを走行しましょう。

 

といった感じです。

基本的には、自転車は歩道、路側帯を「走らせてもらっている」という認識を持ちましょう。

歩行者を立ち止まらせる、避けさせる、不用意にベルをならすといった行為は違反となりますので要注意です!

特にベルは、かわいらしい音ではありますが自動車のクラクションと同じ扱いになりますので、標識で示されている場合と危険を回避する場合以外には使用不可です。

また、5番の項目に出てくる「路側帯」、については正しく認識しているでしょうか?

道路交通法第2条3の4では「歩道の設けられていない道路又は道路の歩道の設けられていない側の路端寄りに設けられた帯状の道路の部分で、道路標示によつて区画されたものをいう。(一部抜粋)」と定義されており、歩道と同じ扱いになっています。

WS000002

 

 

 

 

 

 

 

 

画像の上側の図が路側帯で、下側の図のように歩道がある場合においては、路側帯ではなく「路肩」となり、車道の一部となります。また、図のように路側帯にも種類があり、「歩行者用路側帯」を自転車は走行できませんので覚えておきましょう。

さらに、自転車にとっては「歩道」と「路側帯」では大きな違いがあります。

「歩道」は逆走可で、「路側帯」は逆走不可という点です。

「路側帯も歩道と一緒でしょ?」と逆走していると警察に捕まってしまいますのでやめましょう。

 

以上、長々と書いてしまいましたが、皆さんはご存じでしたか?

「それくらい常識だろ!」と思った方は、世の中にはまだまだ知らない人もいるかと思いますのでその知識を周りに広めてください。

「知らなかった!」という内容があった方は、これを機に自転車のルール・マナーについて学び、安全・快適な自転車ライフを送りましょう。

警視庁自転車道路交通法研究会のサイトでは、自転車に関する記事がたくさんありますので目を通してみてはいかがでしょうか?

最後に、警視庁のサイトでは自転車に関する○×クイズもありますので是非挑戦してみてください!

けいしちょう自転車安全教室(警視庁HPより)

自転車○×クイズ(警視庁HPより)

※文中の「歩道」は自転車の走行可能な歩道を指しています。

ガルエージェンシー船橋 調査員B

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社ガルエージェンシー船橋(0120-954-769)

船橋駅から徒歩3分の場所に事務所を構える。代表はガルグループ内の調査リーダーとして日本全国はもちろん海外での調査経験も多数あり。一人でも多くのお客様の笑顔が見られるよう、調査に尽力する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。