自宅で猫を10数匹殺した41歳アルバイトの男が動物愛護法違反容疑で逮捕される!!

大田区 猫殺し00
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京都大田区東雪谷2丁目のアパート2階の自宅内で猫を10数匹殺したとして、警視庁田園調布署は動物愛護法違反の疑いで自称アルバイトの小松卓也容疑者(41歳)を逮捕した。

大田区 猫殺し02

大田区 猫殺し03

小松卓也容疑者は2015年8月から2016年3月にかけて、自宅アパートの周囲に捕獲器のような罠をしかけ猫を捕獲し「10数匹を仕事のストレスを発散するために殺して近所に捨てた」と供述、また内1匹は自宅の風呂場などで猫に熱湯をかけたり頭部を廊下の床に叩きつけたりするなどして殺したと供述している。

大田区 猫殺し07

大田区 猫殺し04

現場周辺には小松卓也容疑者が関連していたと思しき、猫の虐待に関する情報提供を呼びかける掲示物が多数見受けられた。また、近隣住民にお話を伺った所、容疑者に関しては特に印象も無く何をしているかもわからないとの事だったが、少し前に容疑者自宅アパートから約100mほど離れた最寄り駅付近にも殺されたと思しき猫が遺棄されていたとのこと。

大田区 猫殺し05

大田区 猫殺し06

実際に現場付近を少し歩くとすぐに猫を数匹見かけ、さらに周囲の集合住宅には以前よりも猫が多くなっているといった内容の張り紙もあることなどから、小松卓也容疑者は猫を捕獲しやすくするために自宅アパートの周囲で猫に餌を与えていた可能性も考えられる。

大田区 猫殺し01

動物愛護法違反による逮捕者が出る度に言われていることではあるが、小松卓也容疑者のような人物は動物虐待がエスカレートし、その攻撃対象が人間に移る危険性が十分に考えられる。また、再犯を防ぐ意味合いにおいても動物愛護法違反による然るべき処罰の他に精神的なカウンセリングなどを行うべきではないだろうか。

ガルエージェンシー横浜駅前

お問い合わせ

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー横浜駅前(0120-45-2244)

ガルエージェンシーグループの複数の拠点で調査責任者を長年務めた豊富な現場経験と高い調査力を生かし、浮気調査・人探し・盗聴盗撮調査・企業調査等はもちろん、他の探偵社では調査不可能な特殊事案にも積極的に対応し、問題解決の能力が高く、神奈川県を始め千葉県・東京都などの広域で調査業務を行っている。 さらに、心理カウンセラーとしての資格を持ち、ご依頼者様の心のケアも行っている。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。