この時期もっとも危険な行為!一生を台無しにするのは貴方?

meguro030
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨今、危険ドラックによる交通事故が頻繁に報道されているが、毎年この時期に忘れてはいけないのが飲酒運転による交通事故だ。

年末年始とお酒を飲む機会が増える時期ではあるが「あまり飲んでいないから」「ちょっとそこまでだから」と安易な気持ちから毎年悲劇が生まれている。

meguro027

警視庁の発表によると全国の警察は12月5日夜から6日朝にかけ、飲酒運転の一斉取り締まりを行った。繁華街や幹線道路など約2500カ所で247件を摘発し、14人を逮捕した。昨年より摘発が30件、逮捕者は2人減ったらしいのだが・・・依然約250件も摘発されている!

meguro028

また調べたところ、近年減少傾向にあるが、依然として飲酒運転による死亡事故は年間200件を越えているのだ。

meguro029

(警視庁HP引用)

 

現在の法律では酒酔い運転5年以下の懲役又は100万円以下の罰金及び違反点数35点、酒気帯び運転3年以下の懲役又は50万円以下の罰金及び呼気1リットル中のアルコール濃度0.25mg以上違反点数25点、または1リットル中のアルコール濃度0.25mg未満(0.15mg以上)違反点数13点とかなり重い処罰を課しており、運転者以外の周囲の責任についても運転者と同じ処罰となっている。

しかし、依然として飲酒運転が無くならないのは何故か、それは冒頭にも書いたとおり、運転者のモラルにある。周りに飲酒運転により人生を台無しにした者、または飲酒運転の事故により大切な人を失った者が居ないが為に「自分は大丈夫」などの危機管理のなってない考えをする者が多いのだと推測する。

 以前に飲酒運転で捕まったある者がタクシー及び運転代行を頼むお金が勿体無いとの言い訳をしていたが、その者は飲酒運転で捕まり、結果としてはタクシー及び運転代行の数十倍ものお金を罰金として支払わなければならなくなった。この者が事故を起こしていないのは幸いだが、これが事故を起こしていたらと思うと憤りを隠せない。

もし、この記事を読まれている皆様の中に飲酒運転をされている方、また周りで飲酒運転をされているご友人がいましたら是非止めて頂きたい。

インターネットで「飲酒運転 遺族」と検索して頂くと飲酒運転により大切な人を無くされた方の投稿が沢山出てきますので是非読んで下さい、読んで頂いたら飲酒運転しても大丈夫などと言う考えはなくなると思います。

これから時期、皆様お酒を飲む機会が増えてくると思いますが、楽しいお酒を飲んで下さい。

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー目黒(0120-444-932)

JR目黒駅から徒歩10秒の支社。幅広い人脈を活かした情報収集、最新技術を駆使した映像、人生経験豊富なスタッフによる万全のカウンセリングで依頼者からの信頼は厚い。1番得意とする浮気調査は、調査後のアフターケアも万全。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。