熊本地震復興を願っての支援、こんな方法もあった!!!

kuma
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この度の熊本地震により被災された方々、またそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

ちょっと時間が経ってから記事を書かせてもらっているのには理由があります。
昨今の異常に早い情報の流れの中、被災からの復興は風化してしまってはならないものにも関わらず、人々の関心事としては段々薄れてしまっている気がしたからです。当たり前ですがメディアの取り上げ方も小さくなりました。そこで、少し違う支援の仕方があるという話を聞き、取材し筆を取った次第です。

東京の銀座に「銀座熊本館」というお店があります。
文字通り、熊本県のアンテナショップです。
震災以降、毎日長蛇の列が出来ておりましたが、最近少し減ってきたとの情報を得て、取材してまいりました。

熊本館前

数寄屋橋交差点からすぐの超一等地にお店はありました。
連日長蛇の列でしたが、取材日は外には列はありませんでした。

くまもん

エントランスではくまもんがお出迎え。
この度の震災復興の為の募金活動に於いては、キャラクター使用の許諾を必要としない、ということになったそうです。

熊本館店内

しかし、一歩店内に踏み入れば、そこはやはり買い物客で大混雑。
ここで必要なものを買えば、「県にお金が落ちる」「我々の日常生活が豊かになる」そして「熊本のことを少し知ることが出来る」という3大メリットがあります。その土地を知り、その土地を想い、その土地のもので生活を豊かにする。現実問題として支援行動をとれる人ばかりではありません。そうではない方々にも、こういった支援の方法があると、お伝えしたかった次第です。

熊本館内募金箱

もちろん募金箱も設置されています。

今日の戦利品

そして今回の購入品がこちら。
どうにも酒飲みな感じで申し訳ないですが(苦笑
熊本の味を知り、支援させていただきました!!!

ガルエージェンシー赤坂

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー赤坂(0120-720-786)

探偵歴10年以上のベテラン。過去、数多くの難事件を解決してきた。探偵としての「洞察力」や「観察力」そして「分析力」には自信がある。各界に多くの人脈を持ち、情報量も群を抜く。「モットーは懇切丁寧、小さな調査でもまずはご相談!」。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。