ついに成立!?ヘイトスピーチ法案

z001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「他国の出身者であることを理由に、生命や財産に危害を加えることを告知するなど、地域社会から排除することを扇動する不当な差別的言動」
  • 「本邦外出身者を著しく侮蔑する」

これがヘイトスピーチの定義とされ、これを規制する法案がゴールデンウィーク明けにも成立しそうな予感だ。

数年前から特定の民族を著しく批判してデモやスピーチを行うという場面がニュースで見られるようになった。スピーチの場は批判する側とされる側でもみ合いになったり、暴力沙汰になって警察が出動、逮捕者が出るなど、年々苛烈さを増してきている。表現の自由は憲法で保障されているものの、ヘイトスピーチは周辺にいる人たちや傍観者を騒動にまきこみかねない。

ヘイトスピーチを行う団体があれば、その団体を批判する団体も出てくるので、両者のあいだの溝は深まるばかり。法案が必要になるのは時間の問題だったのかもしれない。

一方で、日本人団体がヘイトスピーチを行うようになったのは、日本国民に対するヘイトスピーチが他国で行われていたからという見方もできるだろう。嫌日家が過去の日本人の行動に対して過激な発言をしたり、日本を強烈に批判する行動をとったりということが行われてきた。

ヘイトスピーチのもとは、日本人団体よりは他国の団体にあったのかもしれない。発言によって特定の民族を侮蔑したり、挑発行為を行って怒りを煽ったりすることは友好関係に悪影響を与えてしまう可能性がある。そのため、ヘイトスピーチ法案は、日本だけでなく他国に対しても要求すべきものだといえるだろう。

国内で法案を作って自制したり自粛しても、他国で行われ続けていては、本当の友好関係は結べない。内側に求めるのと同時に、外にも同じ条件を求めて、問題を解決いていくべきだろう。表現の自由は認められているものの、度を超えているというのは日本も海外も同じ。

また、メディアでヘイトスピーチが頻繁に取り上げられることによって、特定の民族への悪い意識やイメージがつきかねない。一個人と関わる前に悪いイメージをもってしまわぬよう、ヘイトスピーチを止めて先入観を持たないようにすべきだ。

ガルエージェンシー岡山駅前

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー岡山駅前(0120-164-405)

まずはご相談を、その勇気を必ず受け止めます!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。