鹿児島の高校生「頭突き」暴行動画、情報錯綜でデマが拡散!その真相は

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

バス内で暴行に及ぶ少年(以下、「A」と記載)を盗撮した動画がTwitterに出回り、騒然となった。発端となったのは、2016年5月27日のツイートである。暴行された少年の友人(以下、「B」と表記)が、Aの氏名とされるものを記した上で、動画を公開。「俺の友達叩いてるこいつ クズです こいつの住み探してください こいつは先輩とは言えない 後輩に手を挙げる理由がふといと 中学生じみたこいつを捜して」。

動画の冒頭、Aは相手をつかんで、「謝れって言ってんだボケが。おい、何や、その目は?」と激怒。頭突きをくらわせて、怒鳴り続けた。周囲が制止しようとしたが、Aは「調子乗んなよ」と絶叫して、再び頭突きした。「謝れよ、ゴラ」、「すいません」、「土下座しろ、コラ」といったやりとりが続き、その間も暴行が繰り返された。

 

01

 

この動画が話題になると、Bに詳細を尋ねる人々が続出。やがて、動画のあるツイートは削除された。そして、Bは「うざい いちいち絡むな だるい」、「オタク敵にしたら すごくだるい事になってる。 マヂで無理」と発言。動画の削除後にこれらのツイートを見た人々は、BをAと勘違いして、Bのアカウントを拡散するという行動に出た。そして、その誤った情報が各種のまとめサイト等にも転載される事態となった。

 

02

 

暴行された少年のTwitterの画像を見ると、彼は鹿児島県内の私立高校1年生であることが分かる。Aは、同校の3年生であるとされる。一方、Bが県内の県立高校に通う1年生であることも、プロフィールや過去のツイートから明らかだ。さらに、暴行された少年のもう一人の友人(以下、「C」と表記)も、誤解されてバッシングを受けた。

Cは騒動の当初、「いじめた奴本当にゆるさん 何があっても殺すから」、「先輩だからってあんまり調子にのるなよ 先輩ずらすんなよ」とAを批判していた。だが、Cのアカウントが非公開になった後、CをAもしくはその仲間と間違えて非難する人々が続出した。情報サイト「ゴゴ通信」もCをAと勘違いして、誤報を配信した。Aはタバコを10箱買ったことをツイートしていたと記事に書かれているが、これはCのツイートである。

 

03

 

04

 

当サイトでは、Aの通学先への取材を試みたが、週末のため連絡がつかなかった。続いて、Bの通学先に連絡を取った。今回の件は全く把握していなかったと、応対した教諭は述べた。そこで、騒動の経緯と現状を教諭に説明した。生徒指導の担当者に伝えた上で調査を行い、Aの通学先との連携も含めて、今後の対応を検討するという。なお、暴行された少年の仲間たちのツイートによると、彼は少し顔が腫れた程度で、大けがには至らなかったとのことだ。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。