ニコ生の野良猫配信「にぼしストリート」、大怪我した猫を放置で非難の声

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ニコニコ生放送の配信「にぼしストリート 世田谷」が問題視されているとの情報が、読者から寄せられた。餌でおびき寄せられて、カメラの前に集まってきた野良猫たちを撮影して配信するという内容だ。

定期的に現れる猫たちの中に、「次郎兵」と呼ばれている猫がいる。次郎兵は、深い傷を負っている様子だ。体毛の一部が完全に抜け落ちて、真っ赤な傷口が大きく露出している。次郎兵の怪我を知りながら配信者が放置していることを、疑問視する声が上がっている。配信を見ている人々からのコメントにも、「餌を食べて元気になってきたね」、「治ってきたね」などと、無根拠に断定するものが少なからず見られる。

 

01

 

次郎兵の怪我に関して、配信者が「知らなかった」、「対応できない」という言い訳は成り立たない。例えば、6月13日の配信では、次郎兵が「とらじ」と呼ばれる猫と出くわした際に、穴に落ちてしまうというアクシデントがあった。すると、配信者が現れて棒を軽く振り回し、とらじを威嚇した。続いて、配信者は手を差し出して、とらじに煮干しを与えた。このように、配信者は間近で猫を観察できる状況にあり、猫たちもなついている。次郎兵を保護して医者に連れていくことは、いつでも可能なはずだ。また、餌を入れた容器が不衛生な状態になっていることがあるとの指摘もなされている。

 

02

 

03

 

にぼしストリートに関して、当サイトに情報が寄せられたのは今回が初めてではない。以前に、同様の配信を行う「リアルねこあつめ」という企画が問題視されたことを扱った(その後、リアルねこあつめは配信を終了した)。その記事を読んだ人物から、「野良猫を配信のネタに使うために餌付けする一方、病気や怪我への対応が不十分であり、避妊・去勢手術も行っていないとしたら、あまりにも無責任だ」という趣旨の意見が届いた。その中で他の事例として言及されていたのが、にぼしストリートだった。

配信者が餌を与えているおかげで、野良猫たちが生存できているという意見もある。ただし、その意見が正しいとしても、適切な管理とは言いがたい現状の存続を正当化する口実にはなり得ないだろう。そこで、当サイトでは東京都世田谷区の世田谷保健所生活保健課に連絡を取った。経緯と現状を説明したところ、詳細を調べるという。配信者の氏名や住所を特定できた場合には、現状を改めるように、訪問して指導する用意があるとのことだ。

だが、配信者は自身の素性や撮影場所を明かしていない。もし素性を特定できなかった場合にも、何らかの方法で配信者に接触して対応してほしいと、保健所に依頼した。そうした点も含めて、これから確認作業及び対応の検討がなされる模様だ。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    リアルねこあつめは最終的に野良猫保護に落ち着いたのに、
    抗議を受けた結果終了したとも取れる記事内容は少々問題があるのでは

  2. 静葉 より:

    偶然拝見したので、とりあえずここにコメントを残しておきます。
    ネコとはいえ、「野生動物」。負傷した野生動物を保護するかどうかについては、それぞれ意見が分かれるところですが、基本的に、野生動物を保護しなければならないという責務はありません。むしろ、そうして負傷して弱っている野生動物なぞ、ごまんといます。それらをすべて救えとでも、この記事の記者は言いたいのでしょうか。
    もしそうならば、この記事を書いた方は、今までそうした野生動物の保護を積極的に行ってきたのでしょう。
    表現を変えましょう。
    この記事は、記者の主観だけをたよりとしたものでしかありません。
    「かわいそう」という人間の感情だけで記事を書いているに過ぎず、そして、その記事を書いた当事者自ら、この記事の問題に対して、ただ記事を書くだけにとどまっています。
    私の経験則として、「かわいそう」と発言した人は、その「かわいそう」とする対象に対して、何もしません。「誰か何とかしてあげて」と続けるか、「かわいそう」という言葉だけで終えるかの、いずれかです。

    この記事は、大手探偵会社が提供しているのだとか。なら、その探偵会社自ら、なぜ、「かわいそう」なネコに手を差し伸べようとしないのでしょうね。

  3. みーちゃん・はーちゃん より:

    心のある生き物は人間同様に扱うべきではないでしょうか? 魚でも心があるかもしれませんが、理解できなければ、しかたない面もある。今の日本で言えば、自殺者三万人以上という、金持ちの国にしては、世界有数のひどい国。同じことが犬猫にもされているのをしばしば見つけます。周南市は、野良犬全て餓死させる作戦です。その前にやるべきことをやった気配も無いので、動物虐待のようです。殺処分ゼロを自慢する前に、不要動物買取業者が買って、もっとひどいことしているのを隠さないで欲しいもの。安倍首相のような悪徳公務員は、すぐにウソをつく。世界の不幸のほぼすべてが公務員の不正から起きていると思いませんか?

Message

メールアドレスが公開されることはありません。