ちゃりんこ探偵の自転車マナー向上委員会!その3

7340475072_303da1864d_m
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

~1回目~ ~2回目~

 

先日、調査帰りに車を運転していたら、右折の信号で突っ込んでくるトンデモ自転車に遭遇しました。

https://youtu.be/iYpnjvzmPDQ

暗くて分かりづらいのですが…

走行車線 (1)

いちばん左の路肩に止まっていた自転車が… 

 走行車線 (2)

走行車線 (3)

トラックと並んで右折!!

 

このような行為は大変危険です。ましてや映像の中の自転車は一番左車線から右折を行っています。

 

道路交通法上、自転車は「軽車両」とされており、同法により車両は一番左車線(第一通行帯)を通行し、軽車両は交差点を右折する際は二段階右折をしなければならないと規定されています。

 ※(「道路交通法第20条 車両は、車両通行帯の設けられた道路においては、道路の左側端から数えて一番目の車両通行帯を通行しなければならない。」

「道路交通法第34条第3項  軽車両は、右折するときは、あらかじめその前からできる限り道路の左側端に寄り、かつ、交差点の側端に沿つて徐行しなければならない」。)

上記の規定により、自転車は第一通行帯が左折レーンやバス専用レーンとなっていても、その車線を通行します。つまり交差点は左折レーンから直進することとなり、この場合、直進レーンを通行するのは間違いですので注意が必要です。

また、交差点の通行方法については、警視庁のサイトでも図解されています。

rule4

 

自転車

(警視庁HPより)

 

自転車に関する法整備、道路整備はまだまだ時間がかかりそうですが、一日でも早く環境を整え、歩行者、自転車、自動車がそれぞれ快適に通行できる世の中になることを願います。

 

ガルエージェンシー船橋 調査員B

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社ガルエージェンシー船橋(0120-954-769)

船橋駅から徒歩3分の場所に事務所を構える。代表はガルグループ内の調査リーダーとして日本全国はもちろん海外での調査経験も多数あり。一人でも多くのお客様の笑顔が見られるよう、調査に尽力する。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。