七夕の短冊、あなたは正しく「色」を選んでいますか?

4216080b5bb4714d1224e352457544e1_s - コピー (2)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月7日と言えば七夕。

日本には中国から奈良時代に伝わってきた行事だが、今では毎年あちこちで笹に短冊や七夕飾りをつけて飾られるようになっている。

今年もちょうど今、図書館などの自治体施設や、デパートなどの商業施設でちらほら見かける時期である。

七夕は、江戸時代までは宮中や貴族など身分の高い人の間で行われた行事で、織り姫と彦星の再会、また手芸や詩歌の上達を願うものだった。

これが江戸時代以降には一般庶民にも広がり、人々は書道なども含め手習いの上達を願ったという。

笹に願いを書いた紙の短冊をつるすようになったのは、この江戸時代からである。

さて、その願いを書く短冊だが、色によってそれぞれ意味があるのはご存じだろうか。

昔は短冊ではなく五色の糸を飾っていたのだが、この五色は中国の「五行説」に由来している。

五行説は「木・火・土・金・水」の5つの自然の概念を表したものだが、それぞれが儒教における「五徳」にも配当されている。

そして、短冊の色も、その五行五徳にそれぞれ配当されるのだ。

つまり、短冊を選ぶときには、五徳のうちのどれを重視するかで選ぶのが良いということである。

■青(緑)=木=仁徳 自分や家族を守り、人間力を高める意味。家族の健康や、人間としての成長を願いたいときに。

■赤=火=礼徳 感謝の意味。両親や先祖、恩師などに感謝の気持ちを伝えたいときや、尊敬する人に近付きたいときに。

■黄=土=信徳 人を引きつけたり、他者と助け合う意味。人間関係の向上や、友人知人についての願い事があるときに。

■白=金=義徳 決まりごとを守ったり、善悪を切り離す意味。禁煙や禁酒、ほか悪いものを断ち切りたいときなどに。

■黒(紫)=水=智徳 知性、学力の意味。大学などの受験や資格試験の合格を祈ったり、物事をもっとよく知りたいといった願い事に。

この夏、何か願い事がある人は、ぜひ短冊の色も願い事に合わせて選ぶようにしてみては?

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー中野駅前(0120-641-444)

東京都中野区、文字通り中野駅前にある好立地の支社。都内はもちろん、関東地方に至るまで土地を知り尽くす。機動力があり、迅速な調査が得意。アフターフォローにも力を入れ、「ご依頼者様の為に」を常に心がけて日々の調査に臨んでいる。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。