プレステ20周年記念サイトのイラストに一般人の作品が混入!真相を取材

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

プレイステーションが発売20周年を迎え、様々な企画が展開されている。ソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパによる、プレステ20周年記念特設サイトに掲載されたイラストが一部で問題視された。

当該のイラストには、プレステで発売されたゲームに登場する数多くのキャラクターが見られる。ゲームの発売元である各社の公式イラストを集めて、一つにまとめたものである。ところが、明らかに不適切なものが紛れ込んでいるとの指摘があり、騒然となった。

一例が、ロックマンのイラストだ。任天堂の3DSやWiiUの「大乱闘スマッシュブラザーズ」の公式サイトのイラストに酷似しているというのだ。ネット上で検証が試みられた結果、スマブラ公式サイトの画像を反転させると完全に一致することが判明。

 

01

 

さらに、「ペルソナ4」の登場キャラである里中千枝のイラストが、ニコニコ生放送の配信者の作品であることも発覚した。この人物が2011年10月にpixivで公開したイラストが、なぜか先述の20周年記念サイトに紛れていたのである。当人も驚いた様子で、「公式のキャラにまぎれて俺の描いた里中千枝がいるんだけど」とツイート。

 

02

 

03

 

この件が各所で話題になると、ツイートは非公開になった。本件に関係のないことまでRTされて、怖くなったという。その他、「ロックマン」シリーズのゼロや「ストリートファイター」シリーズのキャミィ等のイラストも、不正な転用ではないかと指摘されている。

当サイトでは、ソニー・コンピュータエンタテインメントの広報部に取材した。今回の件については、同社でも把握済みだった。問題のイラストは、関連会社であるソニー・コンピュータエンタテインメントヨーロッパのサイトでのみ公開しているものであり、日本国内では用いられていないという。

イラストに使用されているキャラクターについては、事前に各権利者の了承を得たそうだ。だが、チェック漏れにより、本来は制作段階で削除されるべきだったものが公開されてしまったという。問題を確認できたものに関しては、既に削除したとのことだ。

 

 

その他の証拠画像

 

04

 

05

 

06

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

 

高橋

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    許可取った上でやったならなおさらひどい話だ。
    意図的に、左右反転しちゃいけないキャラを左右反転してたわけか。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。