ゲイの小児性愛者、少年との性行為の動画をツイッターで公開する暴挙発覚!

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ゲイで小児性愛(ペドフィリア)の男性が、Twitterにとんでもない内容を公開していたことが発覚した。この男性は、ゲイの人々の間では広く知られている模様だ。各種の問題行為に及んでアカウントが凍結されても、すぐに新しいものを作成して活動を再開するといったことを繰り返している。

問題視されたのは、少年との性行為をTwitterに掲載したことである。「めっちゃエロい1x歳とHした時の」とツイート。「フル動画みたい人は、RT&フォローよろしくお願いします!」と呼びかけた。男性は障害者用のトイレで少年との性行為に及んだようで、その様子を撮影した画像もある。少年の性器を口にくわえたり手でしごいたり、肛門に性器を挿入したりしたという。画像では、二人の顔はスタンプで隠されている。

 

01

 

別のツイートでは、少年との性行為の動画を公開していた。「これのモザ無しフル動画コンテナに鍵無しでUPしました!」、「挿入シーン有り」とツイート。「合言葉」を入力すれば、不特定多数が当該の動画にアクセスすることができる。動画に収録されている性行為の相手は、「めっちゃ可愛い系の中2」であるという。性器を口にくわえるなどの場面を撮影した画像があるが、顔も隠さない状態で掲載している。

 

02

 

上記のツイート以外にも同様の内容は多数あり、それらのサンプル画像及び動画もあった。フルバージョンの公開時には、フィルターやモザイクをはずすと予告している。その他、アダルトグッズを使った性行為を撮影した画像などもある。また、「明日中2くんとヤる」などと予告するツイートも多数見つかった。さらに、10代の少年のみを対象に、乱交パーティーを行うと予告して、その参加者を募集していた。

 

03

 

04

 

05

 

男性曰く、自身が公開する性行為の動画に登場するのは「10代であり、可愛い系である事に限る。嘘はつきません。俺がヤる子はみんな可愛いです!」。男性が使用していた複数のアカウントは現在、凍結されている。この男性の素性は、今のところ明らかになっていないようだ。だが、本件を当サイトに知らせてくれた人物によると、一連のツイート内容に関しては、公的機関への相談ならびに通報がなされているという。

たとえ匿名のツイートであっても、Twitterへのアクセス記録等から個人を特定することは容易である。実際、違法性が確実である場合には、そのようにして捜査が行われた事例もあり、本件への今後の対応が注目される。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。