歌舞伎町で女性が転落死…原因は2つの扉?ひとつは出入り口でもうひとつは…

歌舞伎町
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

12月12日、歌舞伎町のビル9階のトイレから佐藤彩香さん(22)が転落、搬送先の病院で死亡が確認されたと言うショッキングなニュースが入った。
彩香さんは友人たちと同ビルの飲食店に入り、午前4時30分頃トイレに行ったまま戻らず、午前5時頃に頭から血を流して倒れているところを、店員に発見された。

なぜトイレに行って転落するのか…いくら酔っ払っていても、窓から落ちることはまず無い。
しかし、このトイレは落ちてしまう可能性のある構造だったのだ!

 

皆さんは「超芸術トマソン」と言う言葉を知っているだろうか?
「トマソン」を簡単に説明すると「不動産に付随する、無用の長物」の事。
超芸術と付くものは、より芸術的なものを指す。

トマソン
トマソンの例(wikipediaより引用)

 

このトイレもまさに「トマソン」物件だった。
2つの扉がついており、片方はもちろん出入口、もう一方は、なんと外(足場無し)だったのである!要するにトイレの中に

20141215104659(1)

こんなのとか

20141215110843(1)

こんなのとか

 

写真のような「無用の扉」が存在した為、彩香さんは亡くなったと言っても過言ではない。元は非常階段だったが、階段が取り外され、扉だけが残されたものらしい。扉は床から3~40cmの高さにあり、店側も転落防止の手すりはつけていたようだが、扉は換気用に使用されており、中から開けられるようになっていたと言う。

換気の為に、人が出入できる大きさの扉を残しておくべきとは思えないが…
彩香さんのご冥福をお祈りします。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー渋谷神宮前(0120-246-007)

「ご依頼者様第一」をモットーに経験豊富な相談員が皆様の悩みの解決をお手伝い。弁護士からの信頼も厚く、数多くの依頼を受けている。調査はもちろん、調査後のアフターフォローにも定評がある。 ガル探偵学校東京本校にて後進の育成にも務めている。

関連記事

コメント

  1. 匿名 より:

    赤の逆三角形のマークがついている扉等は、火災時の消防隊の突入口ですよ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。