ゲイの男が泥酔した人々をトイレで強姦、動画を公開!盗撮や電車での痴漢も

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ゲイの男性が少年たちとの性行為を撮影し、Twitterに公開していたことを、先月の記事で扱った。すると、別の男性が各種の違法行為を同様にTwitterに掲載して自慢していたとの情報が、読者から寄せられた。当該のツイートの大半は既に削除されており、今回掲載するのは、削除前に保存されていた内容だ。

このたび発覚したのは、ゲイの男性が泥酔した人々を強姦し、その記録を画像や動画で公開していたという問題だ。その一例が、2016年5月下旬のツイートである。撮影者はトイレの個室内に侵入して、床で眠っている人物を写した画像を披露。泥酔した人物の性器が丸出しになった状態で、それを撮影者が握っている場面の動画も掲載した。

 

01

 

02

 

4月上旬や昨年末のツイートにも、泥酔した人物をトイレ内で撮影した画像がある。性器と肛門を「ゲット」したと自慢している。1月には、電車内で男子高校生への痴漢行為に及んだという。高校生は、車内で眠っていたそうだ。「寝ていたからビンビンでした」と記し、彼の性器を服の上から握る様子を撮影した画像を公開した。

 

03

 

さらに、ネットカフェ店内での盗撮行為も繰り返していた。個室で自慰行為に及んでいる人々を盗撮し、その画像や動画を大量に掲載していた。「イクところ欲しい人はなにかオリジナルと交換して下さいー」。「オリジナル」とは、ネット上から取得したものではなく、自身で撮影した盗撮動画を指していると思われる。

 

04

 

5月中旬のツイートには、男性用トイレで放尿中の人物を横から盗撮した画像がある。「イケメン社員さーん丸見えでっせー」。画像には、その人物の顔や性器がはっきりと写っていた。昨年12月には、近隣に住む男性の自慰行為を、窓越しに盗撮した画像や動画を掲載。その他、アダルトビデオを物色する人物を店内で盗撮し、その様子を動画で公開していた。

 

05

 

ネットカフェでの盗撮内容の中に、個室で自慰行為に及んだ人物をカフェの受付でも撮影した画像があった。その画像には、受付に置かれたディスプレイに店名が写っていた。当該の店を経営する企業に尋ねたところ、本件に関しては全く把握していなかったそうだ。当サイトからの情報に基づいて、対応の検討がなされる模様だ。

撮影者の男性は、自身の顔をネット上では公開していなかった。だが、ネットカフェ内に設置された防犯カメラには、本人の顔や犯行の様子が映っている可能性もある。企業側が警察に被害届を提出した場合、店内での盗撮だけでなく、各種の違法行為も捜査の対象になるはずだ。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. ゲイの学生 より:

    ヤられるなんて///
    気持ちいいのかな♂♂♂

  2. ゲイの中出しされたい中学生 より:

    ヤられたいなぁ///なーんてww
    起っちゃったわぁ///

  3. ホモは より:

    絶滅しろ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。