ニコ生の男性配信者がスクール水着姿に!プールで実況、口論になって騒然

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ニコニコ生放送で「ほいと」と名乗って活動している男性が、広島県広島市の中央公園ファミリープールにてスクール水着姿での配信を行い、物議を醸した。問題視されたのは、2016年7月30日の配信である。配信の冒頭では、プールサイドで飲酒しながら、開脚や尻を突き出すなどのポーズをとったり、水着を股間に食い込ませたりした。

 

01

 

猥褻であるとの理由で通報するというリスナーが現れると、「何が悪いんだよ、入れ乳で。大きく見せたい願望だってあるでしょ」と反論。水着越しに透けて見えているのは、乳首付きのパッドなのだという。これを着けることで、むしろ乳首を隠しているのだと主張。陰毛も処理してきたという。「公然猥褻でも何でもないですよ。男性のオッサンが女性用の水着着ちゃいけないって法律ありませんよ」。

 

02

 

配信を行う過程で、監視員たちが話し合っている様子が見えたという。やがて、「施設内での撮影は、一切できないことになっているんです」と声をかけられた。しかし、事前に広島市に問い合わせたら、他人を映さなければ問題ないと言われたそうだ。施設の入口にも撮影禁止という記載はなかったと、ほいとは主張。配信中に他の客にカメラを向けているわけでもないのだから、「肖像権もクソもない」と述べた。

 

03

 

口論になると、ほいとは激しい口調で持論を展開した。改めて配信の中止を求められ、「放送はやめられないので、出ていきます」と宣言。問い合わせた際に適切に回答できなかった市の職員に非があるとして、「責任とってもらいます、賠償金問題ですからね。僕もお金払って、ここ来てるんですから」。その後、更衣室に移動して配信を続けた。着替え中の人々が映ることはなかったが、このような場所での配信の可否を問う声もあった。

 

04

 

広島市HPには、プールの利用上の注意点として「許諾なく園内で撮影行為を行うことは、トラブルの原因となりますので、ご遠慮ください」と書かれている。当該のプールを運営する公益財団法人広島市みどり生きもの協会によると、施設の入口にも同様の掲示があるそうだ。しかし、掲示物のサイズが小さいため、利用者の目に留まらない可能性はあると、応対した職員は述べた。

このたびの騒動についても、把握しているという。だが、ほいとが更衣室で配信を続けたことや、当日の配信内容をニコ生のタイムシフトで閲覧できることは、全く知らなかったそうだ。更衣室での撮影行為は、一切認めていないという。配信内容の確認方法を尋ねられたので、関連情報を伝えた。それらを確認した上で、ニコ生の運営側に動画の削除を依頼するとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

05

 

06

 

07

 

08

 

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。