西日本大濠花火大会2016

00025.MTS.Still001
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世間では8月6日から始まる「リオオリンピック」の話題で一色ですが、その前に「夏」といえば花火。福岡の夏祭り山笠に続いて、今回で第54回目になる福岡名物の花火大会「西日本大濠花火大会」は、この「西日本大濠花火大会」は都市部、いわば福岡市の中心地で行われる花火大会!先日から話題のアプリ「ポケモンGO」で、福岡の「ポケモンの巣」と言われている「大濠公園」で開催されます。

打ち上げ数としては6000発なので、隅田川花火大会には足元にも及びませんが、街中で行われる花火大会としては西日本最大級!360度鑑賞ができる立地のよさが大会最大の魅力で、九州髄一の花火師たちによる華麗な光の競演を堪能できるとして毎年45万人の人出があります。

そしてこの「大濠公園」は、弊社ガルエージェンシー福岡第一の事務所の近所。徒歩で5分も歩けば花火が鑑賞できます。という事で行ってみました!

 

開催日時は2016年8月1日の20時。
30分前には事務所に出発。

00025.MTS.Still001

しかし、主要幹線道路である「明治通り」は人と車両の渋滞。

00025.MTS.Still002

明治通り沿いの店舗は商売にも抜かりなし。
ビールやカキ氷、ミネラルウォーターなどが軒先で販売されており、熱帯夜の福岡では有り難い存在です。

暑さと渋滞のためメイン会場のである「大濠公園」に行くのは諦め、手前の「福岡地方裁判所」での鑑賞に変更。

00020.MTS.Still001

しかし、ここも飽和状態。

00021.MTS.Still004

人気の高さが伺えます。

そして花火大会がスタート。

00019.MTS.Still002

街中で舞う花火。

00021.MTS.Still003

00021.MTS.Still002

画像では伝え難いのですが、やはり夏の夜に舞う花火は素敵ですね。

8月には、福岡県内各地で幾つもの花火大会が開催されますが、とりわけ有名なのが「筑後川花火大会(18000発)」や「関門海峡花火大会(15000発)」。特に良いのは「関門海峡花火大会」。

関門海峡をはさむ福岡県北九州市の門司と山口県の下関、両岸で合同開催され、門司側は大玉の連発、音楽花火、下関側は尺5寸の大玉打ち上げ、水中花火などが見どころ。両岸から競うように花火が次々と打ち上げられる様子が大迫力です。

ガルエージェンシー福岡第一

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー福岡第一(0120-509-512)

福岡市の中心部、中央区大名に事務所を構え、九州では一番の歴史と実績を誇る支社。機動力と調査力を駆使し、徹底調査で真実を究明、九州全域での調査対応が可能。また、弁護士や行政書士と連携して、離婚問題に関しても幅広くサポートする

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。