熟年離婚~結婚相手への愛情の変化!?冷める妻!?孤独な妻!?

離婚
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 近年話題にのぼる事の多い熟年離婚。

先日テレビでも放送されていましたね。 そして、内容は様々ですが熟年離婚の相談も非常に多いです。

現在の平均初婚年齢と平均寿命から考えれば、夫婦は約50年間も連れ添うことになります。

日本でのこれまでの調査結果からは、一般に夫よりも妻のほうが、相手への愛情の程度や結婚満足度が低いことが示されています。

また、結婚年数によって相手への愛情が変化するという報告もあります。

結婚年数が5年以下の時期では、妻と夫で愛情の程度に差がないものの、結婚年数が15年を超えると、妻の愛情の程度はかなり低下するようです。

一方、夫は、結婚当初よりもしばらく時間が経ったほうが、妻に対して愛情を感じやすくなっています。

一体なぜこのような違いが生じるのでしょうか??

妻は夫といるときに孤独を感じる・・・

40~50歳の夫婦に「孤独を感じるのはどのような時か」を調査したところ 夫は「仕事・職場にいるとき」 妻は「夫といるとき」に孤独を感じやすいと回答しています。

妻が夫と一緒にいるときに孤独を感じやすいのは「話を聞いてもらえない」「理解してもらえない」と感じる事が多いためだと言われています。

そして、女性は、男性と比べて情緒的(感情的)なつながりを求める傾向があるとされています。

熟年離婚の対策として

① 男女間での違いを理解する

② 夫婦間でコミュニケーションをとっていく

③ 相手を思いやる気持ち・感謝

たった一度の人生をどうしたら楽しく・心豊かに過ごせるのか?

これが私の最大のテーマです(^^)/

そして、女探偵 高橋から女性の皆様へ

「美しさは女性の武器であり、装いは知恵であり、謙虚さはエレガンスである」ココ・シャネル

素敵な言葉ですね。年を重ねても自分磨きを忘れないでくださいね!きっと素敵な人生になります!

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー栃木第一(0120-494-007)

20年間、政界の窓口で様々な相談業務に対応してきた経験を活かし、探偵業を開設。現在、心理カウンセラー、法律事務所スタッフとしても活躍。ガルの女探偵として、面談からアフターフォローまで行い、依頼者第一主義の調査に定評あり。

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。