PCデポの店員が集団でクレカを不正利用?ストーキング行為等の暴露情報も

top1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

PC DEPOT(以下、「PCデポ」と表記)が高齢者を相手に不当な事業を展開しているという暴露情報がTwitterに出回ったことが発端となり、大規模な騒動に発展した。暴露した人物によると、80歳過ぎの父親が、PCデポにて月額1万5000円のサポート契約を結んだという。

解約を求めたところ、10万円を支払うように言われたというのだ。しかも、当初は20万円を要求されたそうだ。このようなPCデポの対応の妥当性の有無や、交渉によって支払額が半分になったとされることについて、ネット上では疑問視する意見や非難の声が飛び交った。暴露した人物は契約書類の画像を公開しており、解約時のやり取りの録音もあるという。

 

01

 

本件が話題になると、PCデポ関連の話題を扱った各種のツイートが発掘された。その中には、店の関係者による発言と思われるものもあった。一例が、PCデポの店員であるという人物の、2014年のツイートである。プロフィールによると、神奈川県大和市の店舗に勤務しているアルバイト店員であるという。

店員曰く、「年寄りがメインでサービスの加入を進める サービスの加入受付→クレジットカード預かる→お客から見えない所へ行く→クレジットカードの情報入力→登録画面保存(保存時の名前セキュリティコード)」。客が使用したクレジットカードのセキュリティコードに関する情報等を店が保有することは、不正行為である。

 

02

 

真偽は不明だが、「今日もゲットしたクレカ情報でお買い物」というツイートもあった。「易々とクレカを渡す鴨」と記して、契約中の客を盗撮した画像も公開していた。また、ある店員は「辞めた女性店員の家近くの公園に出没」し、「休み時間に盗撮画像見てニヤニヤしてる」というのだ。

 

03

 

04

 

さらに、これらのツイートをした当人も、一部の同僚たちの写真を加工して「近所に配った 成果の野次馬来店」と自慢していた。その他、「店内のあるQRコードを読むと契約担当のハメ撮りが公開されているのだが、現在もそのまま放置」という発言も見つかった。店員間での各種のトラブルを記したツイートなどもある。

 

05

 

株式会社ピーシーデポコーポレーションによると、店員による2014年のツイートは、以前から把握していたそうだ。この件に関しては、既に社内での対応も行われたという。対応の詳細や、ツイート内容の真偽を尋ねたところ、そうした点については回答できないとのことだった。

 

 

その他の証拠画像

 

06

 

07

 

08

 

09

 

10

 

※モザイク加工は当サイトによるもの

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

ガルエージェンシー特捜班@ニュースウォッチ

得意ネタは炎上、流出、不正自慢発覚。

関連記事

コメント

  1. sophie より:

    ま、クレジットカードの券面みれば、お買い物に必要な情報は全て記載されてますからね。
    クレジットカード情報はそもそも漏洩しているもの。
    ですから、利用明細はしっかり確認し、見に覚えの無い履歴があれば、即時、クレジットカード会社へ申告です。
    クレジットカードの不正利用による金銭的被害は、基本的に店舗が負うことになってます。
    これは、店舗がクレジットカードを取り扱う加盟店契約において、カード利用者の本人確認をおこなう責務は店舗にある、としているから。
    不正利用があれば、それは店舗が本人確認の責務を怠ったことになり、クレジットカード会社は店舗からの売上請求を拒否します。(チャージバック)
    このチャージバックリスクを店舗が回避するには、3Dセキュアと呼ばれる本人確認の仕組みを導入するしかありません。
    店舗が3Dセキュアを導入すると、本人確認の責務はカード会社側に倒れます。これをライアビリティシフトっていいますね。
    この場合、金銭的被害はカード会社が負います。
    いづれの不正利用も利用者に金銭的被害が及ぶことはありませんが、不正利用の申告が遅れるとアウトです。
    不正利用のカードは事故カードとして停止、切替手続きとなるので、事故カードを登録しているサイトでの登録変更が大変面倒ですが、しっかり後フォローですね。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。