愛煙家に朗報!?もう煙草が健康を害するだけの存在とは言わせない!!

1472297365953
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは。新米探偵のYです(^-^)
突然ですが皆さんは煙草についてどんなイメージを持っていますか?
臭い、健康に悪い、ガラが悪い、お金の無駄・・・etc
そんなところでしょうかね・・・(´Д`)ノ 
辞めたくても辞めれないなんて人も多いのではないでしょうか?
私もこの記事を書きながらプカプカ~っと煙を吐き出しております ( ´Д`)y━─┛~~ 

gf01a201502100600[1]

だがしかし・・・!!
医学界には喫煙と病気を関係ないと断言、又、煙草は心身にいい影響をもたらすという主張をする方達も存在するのです!

東大医学部教授で同大学の名誉教授にまでなっている養老孟司先生は、作家である林真理子氏との対談でこのような発言をされています。

「僕が解剖した人は喫煙者、非喫煙者問わず高齢の方は大体皆肺は真っ黒でしたよ。肺が黒くなるのは消化しきれてない不純物を細胞が食べてるからなんです。煙草を吸おうと吸うまいと大差ない。ここ10年間で喫煙者の数は減っているのに肺癌の患者数は増え続けている。」

さらに養老先生の面白いエピソードが

14089008_879125508899072_2898276561372444030_n[1]

14063988_879125128899110_5460546103749635988_n[1]

IMG_20160827_222519


煙草の箱に義務付けられているこの記載文章ですが、この文言を決めたのは養老先生の大学時代の後輩だそうです(;´Д`)y─┛~~ 

カッチーンときた養老先生はこの人物に
「お前は何の根拠があって言ってるんだ!?ヾ(▼ヘ▼;)オイコラ!」 「因果関係は立証されてんの?(▼皿▼#)」
と問いただしましたが、本人はタジタジで何も言い返せなかったそうです(笑)

無害どころかメリットまで??

lgf01a201312110000[1]

オランダの研究グループ「van Dujin」は198人のアルツハイマー病患者及び性別、年齢の合った同数の対象者を調査対象にした症例対照研究により、喫煙者は非喫煙者に比べて65%アルツハイマー病が少ない事を報告したそうです・・・。
ファッ!??65%!?おっしゃ!辞める必要ないやんけ!!毎日バカスカ吸うたろ!!ヾ(〃^∇^)ノ

 

と言いたいところですが・・・

勿論上記の内容を鵜呑みにしてはいけません。
なぜならこれらは極少数派の意見であり、今でも論争になっているからです。
「炭水化物は人体にとって有害であり、健康で長生きしたいならお肉と野菜だけの食生活を送るべし」なんてことを言う学者の本が一時期話題になりましたが、炭水化物ダイエットをした結果病気で倒れた人がいるように、今までの常識を覆すようなマイノリティの意見は良くも悪くも世間から注目されるのです。


如何だったでしょうか?
喫煙者の皆さん、健康に悪くない、アルツハイマーを予防できる。こんなことを唱える学者がいることに安心しましたか?
これらが嘘だとしても本当だとしても、今や煙草は富裕層の嗜好品レベルに値上げされました。
煙草を辞めて浮いたお金をもっと他の事に使うというのもいいかもしれませんね(・へ・;;)うーむ・・・・


また健康に関する興味深いテーマが見つかれば記事にしたいと思います!!
それではまた(⌒∇⌒)ノ””See ya !

 

執筆者・・・新米探偵Y

 

ガルエージェンシー神戸三宮

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

総合探偵社 ガルエージェンシー神戸三宮(0120-3038-15)

代表の私が、あなたの悩みに寄り添い、必ずご依頼主様の味方になります!

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。