【危険】国内で買えない未認可の薬?ネットで密かにウワサの激ヤセ薬を女性が服用した結果

体重
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 巷に溢れるダイエットサプリ。楽して痩せるという夢のようなダイエットサプリはないのものか?
ある女性から、国内で販売をしていないが本当に痩せる薬があると聞き、中年太りの私(50代男性)は話を聞きに行ってきた。
まず、他のサプリとの違いは個人輸入しないと入手できないところのようだ。のっけから怪しい…
そのダイエット薬とはタイの病院が処方する、複数の医薬品から構成された「MDクリニックダイエット」と呼ばれる。別名「ホスピタルダイエット」。
個人輸入代行会社を通して注文が簡単にできるそうだ。そこ宛てにメールを送り、先に料金を振り込む。振込先は日本人の名前だという。
薬は約一週間で届くようだ。

海外からのエアメール。

01

中身はこちら(一ヶ月分)
02

なんとも毒々しい色。こんなの飲んで大丈夫なのだろうか…

写真 3  05 04

飲むタイミングは1日3回。昼食、夕食の10分前と、就寝前。薬を注文した女性は明日の昼から開始するという。
私は正直、得体の知れない薬を飲む勇気もないのでまずは一週間、彼女を観察してみることにした。

開始前、体重49.8kg

《一週間の経過》
1日目 特に変化なし。

2日目 夜中腹痛で目覚める。

3日目 朝から腹痛と吐き気で起き上がるのが困難なほど。とにかく腹痛と、 体がつりやすい。

4日目 朝から腹痛 ・悪寒。吐き気。昼間トイレが近く やけに喉が渇く。

5日目 朝方から腹痛で目が覚める。吐き気もあり。

6日目 相変わらず腹痛でお腹が下る。 トイレが近い。一日中喉が渇く。

7日目 腹痛。我慢できないほど痛い。

この一週間、彼女は食事には気を付けず普段通りに生活していた。

【結果】
1週間で体重が49.8kg→48.2kgで、マイナス1.7kg
彼女曰く、「ウエストが少し細くなったような気がする…」私には一週間前と違いが分からない。

【感想】
体重は少し減ったが、ずーーっとお腹が痛くてトイレに行ってばかり。
自分のタイミングでトイレに行けない事も多いから仕事だと辛い。
就寝前の薬は下剤のような使用感。
喉がやたらと渇いたり、耳鳴りやめまいもした日があったので、身体への負担は大きい。
特に食事制限もせず、食べたいものを食べていても太ることはなかった点は良かったが、腹痛がずっと続き、夜中に目が覚めるほど。
もう使いたくない。

…と散々な感想。
どんなダイエット法を選ぶかは個人の自由だが、私はこの後に「『MDクリニックダイエット』」による死亡事例(疑い)発生|東京都」という報道資料を見てしまった。
参考として、薬の副作用が掲載されているが狭心症、ショック、うっ血性心不全、睡眠障害等って一歩間違えれば死んでもおかしくない副作用だ。
 それに、MDクリニックダイエットは処方のされ方、飲み方も様々だという。
福祉保健局に問い合わせたところ、
「例えば麻薬のような成分が仮に入っていたとしたら持っているだけで罰せられます。」
そもそも彼女がダイエットする必要があると思えなかった。自己責任とはいえ、このダイエット方法はリスクが大きすぎるだろう。

この記事が気に入ったら いいね!しよう

探偵Watchの最新記事をお届けします

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。